ナンバー付きました。【しぶろくさん再生日記】

どうもまいど。

 

ナンバーが付きました。

とうとう、ナンバーつけに行ってきますた。

これで、晴れて公道復帰。

 

また一台、日本に生きたヨンマルが増えました。

 

感無量です。

 

6年越しの、公道復帰。

おもえばこの子がうちに来たのは2012年

そんなに悪い個体ではなかったんですが。。。床は大穴が空きまくっていて寒かったのを覚えてますw

 

こんな状態で6年ほど放置

 

 

1年半かかったレストア作業。

2018年の3月頃から本格的なレストアを始め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態にこぎつけたのが2019年の夏でした。

 

これで晴れてお車検!

などと思っていたのもつかの間。

実はこのあととんでもないことが。。。

 

噴射ポンプが!

ここから面白いほど燃料が漏れてまして。。。www

急遽お車検キャンセルしてポンプ分解、パッキンの交換と相成りました。

 

 

 

たかがこんなゴム、されどゴム。

新品パッキンのおかげで燃料漏れは止まり、こんどこそリベンジ!
と相成ったのでした。

いざ、お車検。

コースが空いたので、並ぶ。。。の図。

うちから車検場までは遠いので、のんびりめに2ラウンドで予約を取りました。

ユーザー自身で車検に行く場合はかならずウェブで事前に予約しましょう。

 

検査ラインも、最近新しい機械が増えてるみたいで、なれないぼくはブレーキ検査で落ちましたw
踏み方が悪かったみたいで、二回目は慣れてる古いテスターで測ってみたらバッチリOKでした。

。。。。はじめからこうすればよかったわw

それでも一通り車検はパスできたのでまずは一段落です。

 

 

通常の車ならここでおしまいなんですが。

この車はナンバーが付いていない車、新規検査なのでサイズの測定などがあります。

 

ということで本日三周目のラインに並んで、車体サイズの計測。

とくに変わったこともなく、すんなりと新しい車検証は発行されました。

 

そしたらそれを持ってナンバーを付けてもらいに行くだけ。

 

無事、ナンバーが付きました!

 

長かった1年半。

たくさん怪我をして、身体も痛めて。。。ほんともうやめようと思ったことも何度もありましたが。

なんとかこうして今日、実働するヨンマルをローンチすることができました。

 

我ながらよくやったと思います。

 

中古新規登録でかかった費用とまとめ。

 

ざっくりとまとめてみました。

  • 重量税   ¥13,200
  • 検査料     ¥2,700
  • 自賠責保険 ¥18,360
  •  ナンバー代 ¥1,580
  •  自動車税  ¥8,800
  • 合計    ¥44,640

重量税と自賠責は今後も車検ごとにかかるもの。
検査料とナンバー代は今回限りかかるもの。

そして自動車税は年額17800円ですが、登録月の9月分からなので今回は8800円でした。

 

正直、長野の陸運局は初めてだったので窓口の位置などがわからずちょっとキョドりましたがw,いまは皆さん親切なので、いろいろ聞いても教えてくれます。
緊張はしますが、そんなに難しく考えず、わからないことは聞いてみたらどの方も丁寧に教えてくださったので、なんとか午前中にはナンバーつけるまでたどり着くことができました。

陸運局の方の対応にはほんとに感謝です。

今はユーザー車検の方法もネットで詳しく書いてあるページも多いので、それらを読んで理解できる方なら継続でも新規でもご自身で受験できるんじゃないでしょうか。

人生経験として、ネタとして

一回はやってみたら面白いんじゃないかと思います。

ユーザー車検。

 

 

さて

これで一段落。。。ネタもつきましたw

今軽く燃え尽き症候群かもw

 

ちょっとゆっくりして、また次のなにか面白いことを探して生きていきましょうね。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です