1980年代のソヴィエト製懐中電灯をLED化してみた!

どうもまいど。

今週末は暖かくて過ごしいいので、こんなレトロなおもちゃを出してきた。

1980年代、まだ冷戦時代だった頃当時のソ連で作られた懐中電灯。

 

その豆電球が放つ頼りない光はもちろん。

表面の亜鉛メッキ感といい。

素材を丸めて作りました感といい。

 

 

今日のシャープでタクティコ−なイメージのフラッシュライトとは程遠いイメージ。

なんかこう、2001年は宇宙旅行へいくぞ! 的なノリを感じる時代の作品。

 

購入以来ずっと箱にしまいっぱなしだったので(だって今日日わざわざこんなの使わなくてもiPhoneとかで十分懐中電灯になるし)

製造当時の油紙にくるまれたまま、防錆油を塗りたくられてヌタヌタなまま。

 

 

今回は

 

思いついたのでこれをLEDにアップデートしてみよう!

 

という暇つぶし企画。

意外にも普通に売られてるLED電球がそのまんま使えてびっくり。

 

時代とか国とか案外関係ないのね、こういうものって。

 

電池も単一電池2本だしね。

 

 

なんだ。

ナショナル(今で言うパナソニックな)とかと一緒なんだね。

 

っていうのが今回の一番の発見&驚きですた。

 

今回入れてみたLEDはこちら。

なんか、電球ぽい雰囲気を出したくて

「温かい白」

を選んだんだけど。

 

 

 

 

ちっとも「白」じゃねぇ。

むしろ黄色。

 

フォグランプのような黄色。

 

まぁ

雪の日や雨の日に使うならこのほうがいいよ。。。ってことで。

 

我が家の「荒天用」の懐中電灯として活躍させていただきまする。

 

 

 

おまけ

 

動画の背景にちらりと写り込んでるこちら。

剣付きとか、萌えるわ。

 

でわ。