やってきた、しぶろくさん。 再生前のBJ46V-KC

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

 

さて

前回のお話でしぶろくさん、ことBJ46Vとのご縁が結ばれたねいさん。

 

「しぶろくさん」との出会い。

 

 

買い物からお出かけまで。

夢のヨンマルライフを送る日々でした。

何故か個人的には後ろから見た姿が素敵だな。。。と思います。

ヒーターが効かない?

 

しぶろくさんがうちにやってきたのは真冬のこと。

ヒーター全開にして走ってる割に寒いなぁ。。。というのが印象でした。

 

水路詰まり気味なのか?

 

いやまぁ、30年前の車だからこんなもんだろ(そんなはずはない(笑)

 

 

そうは思いつつもヨンマルさんであるってだけでもうお腹いっぱいだったので、当時は寒くてもたいして気にせず(我慢して)乗ってました。

 

 

あるとき

 

掃除しようと思ってカーペットをめくってみると

旧車あるある(笑)アルミテープ作戦。

 

反対側も

フロアが抜けています。

 

これじゃあ寒いわけです(笑)

 

ヒーターがんがんにしようとも、床下から真冬のフレッシュエアーが入りまくるわけです。

 

 

 

おそるおそる。。。後ろも

フロアに貼られた防振シートで形を保っている感じです。

 

 

それまでに自分でも数台旧車と呼ばれる車を所有したり修復したりしてきましたが

 

これはなかなかです(笑)

 

なんとかしないといかんなぁ。。。と思い始めました。

 

 

くたびれた外装

その他の部分も似たようなものです

ここが無事な車は見たことないですね。

 

定番な箇所

 

 

以前にも手が入ってますね

 

テープで覆われた部分を剥がすとこんな感じ

 

ドアも

やはり全体的に加修されてる感じです。

オリジナルな部分、修復の入った部分、入れ混ざってますがそれでも全体的には比較的程度がいいクルマだと思います。

 

下回りはきれい。。。?

ボデーの穴なぞ一日二日でどうこうなるもんでもなし。

 

とりまオイル交換でもするべ(笑)

 

 

 

下に潜ったついでに、眺めます

オイルにじみなんかはあるけども。。。ボデーマウントも生きてるし、思ったよりよさげ。

浮きサビなんかは掃除すればきれいになるし。

 

 

でもこれ

なるべく早めに手を入れるに越したことはないよね。。。。

 

 

「しぶろく再生計画」スタート

 

 

このままの雰囲気も正直嫌いじゃありません。

時の止まった田舎の雰囲気とは程よくマッチしてる感じすらします。

 

 

 

それまでも旧車の補修、切り継ぎ鈑金制作などは経験がありましたが。

これをきれいにするとなると結構なハナシです。

 

やったことがあるがゆえに具体的な作業イメージも湧くので、正直ビビります。

 

自分にはデキる気がしません。。。。(笑)

 

 

このまま乗るか

手を入れるのか

 

 

すごく悩むところです。

 

 

 

 

でも

今やらないと年々腐っていくばかりで自然にボデーが再生することはありません。

 

それじゃあやっぱりしぶろくさんが不憫だ。

 

 

ということでその年の継続検査は諦め。

車検切れを期に一時抹消して本腰入れて修復に取り掛かることにしました。

 

 

。。。長くなったので、つづく。

 

 

にふぇーでーびたん。

One Reply to “やってきた、しぶろくさん。 再生前のBJ46V-KC”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です