ビードローラーを使ってパネルを作る。

どうもまいど。

 

ねいさんです。

 

 

地味な作業ばかりな鈑金制作ですが。。。

いい機会なので、鉄板から形を作るという過程を書いてみようと思います。

 

まず、元の形を調べる。

まず、こちら。

ひっぺがしたダメな部分ですが

f:id:dehjimarsan:20180609000826j:plain

 

まず、これを叩き伸ばして平にして、寸法を計測します。

ただし。。。こんな感じで朽ちて失われてる部分が多いので、車体側の計測と合わせ、さらに「こうであろう」という予想も加えて何となくざっくりと図にします。

f:id:dehjimarsan:20180609131357j:plain

ここで慎重にやっておかないと、組む段階になってから「え!?」ってことになりますので、ここは何度も計測を繰り返して、必要ならダンボールでモックを作ってあてがってみたりします。

 

今回はそんな難しいものでないので、こんなざっくりした図一つでおうけい。

 

けがいて、カット。

それを元に鉄板をけがいて、切っていきます。

f:id:dehjimarsan:20180609131606j:plain

「フチ」、とか「のっかり」とか書いているのは、どの部分がどうなるよ。。っていう覚書です。

どちらが前か。。。など取付方向がわかる情報もここで書いておきます。

 

慎重派です(笑)

 

サンダーはカット用の刃をつけたのと、削り用の刃と、二本用意してます。

 

昔はいちいち付け替えてたんですが。。。本格的にメタルワークするようになるとそれじゃあ不便すぎるので、二台使いで効率UPです。

 

もちろん防護面と厚手の長袖も忘れずに。

首周りも、入ってくるのでタオルでぐるぐる巻きです。

 

段を付ける作業。

これで、けがいたラインを元に折り曲げて形にするのですが。。。

 

今回は「段付き」の処理をします。

 

鉄板が重なって乗っかる部分です。

f:id:dehjimarsan:20180609132102j:plain

 

手で叩く。。。のもありですが。

 

こういう工作が多いのと、そもそも手で叩くの面倒くさいので、リブローラーを今年は導入しました。

 

こんな感じで、作りたい形に合わせたローラーを選んで組み合わせることで簡単にきれいな段がつけられます

f:id:dehjimarsan:20180609132324j:plain

これは正直買ってよかった!

一流のものではないけど。。。十分役に立ってくれてます。

決して使用頻度が高い工具ではないけれど、コレのおかげでできることも広がり、出来上がりがグレードアップしてます。

 

一回使うと面白くて意味もなくいろんなものに段や溝を付けたくなります(笑)

応用すれば曲げたりとかにも使えるかも。。。

 

大きくて場所も取るので、個人で車を維持するために買うには正直無駄かもですが。。。ものを作るのが好きな人には一台とかあればきっと重宝すること間違いないと思います。

思ったものを形にできる幅が広がって楽しいですよ。

 

できあがり。

あとは、フチを曲げたりして。。。

f:id:dehjimarsan:20180609133053j:plain

新旧比較。

 

在りし日の姿はこうであったろうと。。。

 

車体に仮合わせ

f:id:dehjimarsan:20180609133220j:plain

うむ。

いいんでないかな。

 

でもこれがつけられるのは、フロアを制作してから、最後の最後。

順番でいうと

フロアをつけて。

ホイールハウスをつけて

サイドパネルをつけた状態で、最後の隙間を埋めるためのピース。

 

この継ぎ接ぎは、もしかしたらホイールベースを延長した46ならではのパーツなのかもしれません。。。が他の車を知らないのでわかりません。

 

あとは溶接用に穴を開けて、軽く油吹いてしまっておきます。

 

 

さて

今日もブログ書いてたら午後になっちまいました(笑)

 

 

これからまた続きやります。

 

今日はホイールハウス再生の予定。

サイドパネルまで取り付けられるかな。。。

 

 

とゆうことで

 

皆様よき土曜日を!

 

にふぇーでーびたん。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です