龍を巡る旅。飛騨高山とか周辺。

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

※以下の記事は2018/12/21の記事の転載です。


 

龍の旅@飛騨。

ちょいとセラピーの「副作用」でダウンして丸二日寝込んでしまった水曜日。

 

明け方に、パッと思いついて飛騨高山に行くことにしました。

 

てゆうか、メインは飛騨一ノ宮というところなので厳密には高山ではないのですが。。。。

 

思い立ったがなんちゃら、ではないですが

 

とりまベッドの中でもそもそと携帯から高速バスを予約。

 

高速バスで「花のお江戸よりセンター西向け」。

 

花のお江戸は、バスタ新宿より。

高速バスでばびゅーんと。。。

 

昼過ぎのバスで出て、飛騨高山駅前到着は夜の8時過ぎ。

ばあさんの葬式以来なので、かれこれ10年以上ぶりですっかり変わった駅前にビビりますた。

 

そして

 

食べ物屋が全く開いてないことに二度ビビりますた(笑)

 

有名なところだから夜着でも食べ物屋ぐらいあるだろう。。。と思っていましたが。

 

どうもそういうものでもないらしいです。

 

おとなしく諦めて駅前のコンビニでおにぎりとチューハイを買い、宿のロビーでチビチビやります。(オヤジか!w)

早朝うろうろ@高山市内。

平日の真冬の朝だからか、静かです。

 

 

食べ物を求めて朝市へ。

 

お土産物や野菜、そして名物の食べ物などいろいろ売ってる朝市。
ただ見てるだけでも面白いね。

 

たぶん、この街ならではの風景だと思います。

 

龍に会いに。

お腹もおちついたところで、メインイベント

龍巡りをします。

 

移動手段は、来る途中でiPhoneから予約したレンタカーで。

 

今回行くところは数箇所しかないのですが。

一つ一つの距離が離れてるので歩いて移動は無理ですし。

観光タクシーチャーターよりも安いという判断で、レンタカー。

運転が苦手な人や、案内してもらいたいという人には観光タクシーのほうがいいかもしれません。

 

 

飛騨國一宮水無神社。

龍といえばここ。

今回のメインな訪問先。

 

 

 

 

今回は行きませんでしたが

この近くには「臥龍桜」というのもあり。

 

やはりここは龍の住む土地みたいです。

 

 

 

そこから山の中へ移動。

 

 

こちらはわかりにくいとこにあるために誰もおらず。

そのせいか、エネルギーが澄んでいて

とてもつながりやすい場所でした。

 

飛騨といえば。。。あの映画だろ。

ついでなので。。。。というか。

飛騨が舞台になったということで親戚筋ではひと騒ぎあった(田舎あるある)あの有名な映画

 

「君の名は」

 

ぼくも公開当時見たかったのですが、ついぞ見る機会もなく。

結局見たのが去年の年始のTV放送でした。

 

 

ぞぞっとしますね、あの映画。

いろいろな意味で、楽しめます。

これだけ有名ならネタバレもへったくれもないでしょうが。。。

 

「片割れ」というお話。

 

魂の繋がり

ソウルユニオン

ディバインソウル

 

そんなことを知って見てると、すげーなこれ。。。っていう。

 

だから来たついでに参拝に行っておこう。。。という魂胆。

 

飛騨古川の多気宮神社

 

 

 

すごいですね、こちらも。

 

 

ああ、今日は呼ばれてきたんだな。。。ってのがよくわかりました。

 

 

今まで気にもしたことなかった神社。

 

今気付かされるってこともきっと意味があることなんでしょう。

 

全てはベストなタイミングでベストなことが起こるのが人生。。というか宇宙の流れですからね。

 

 

飛騨高山の街とか観光とか。

 

うがんまーいじゃあるまいに。

毎度旅が神様絡みってのもなんだかなぁ。。。(笑)

 

てことで

バスの出発時間前まだあるので、高山の街の中もウロウロしてみます。

 

 

 

 

 

 

たいがいどこもランチタイムは14時までなので、注意が必要です。
いつでもお店がやってる感覚で行くと、食いっぱぐれます(笑)

閉店しようとしてるところを、ご厚意でご用意していただけました。

ほんとに、感謝なことです。

 

わがままな旅人で申し訳ありません。。。m(_ _)m

 

こういう人様の優しさに触れられるのも旅ならではかも知れません。

 

飛騨牛カレー

とろけるような濃厚さで美味しかったです!

 

今度は営業時間内に行きますね(笑)

 

 気軽な一泊旅のまとめとバジェット。

 

思いつきで行くことにした今回の旅。

巡るところも決まっていたこともあり、時間的にはのんびり昼出発の翌夜帰り、一泊二日で十分堪能できました。

 

高山の街自体もそんなに広くはないので、歩いて回っても見どころは半日もあれば回れるんじゃないかと思います。

郊外の見どころや白川郷なんかを組み合わせるならもう一日はほしいところ。

温泉を楽しんだりなど、それぞれの目的別にプランを立てれば旅のチョイスも無限にあると思います。

 

今回の現地までの移動は新宿から高速バス。

乗り換え要らずでやすかったのでこちらにしましたが、その他公共交通機関だと名古屋乗り継ぎでJRという手もあります。
体的にはこっちのほうが楽だと思います。

まぁ、そこらへんはお好みで。

 

 

宿は、当日予約のできるところが沢山ありました。

郊外の温泉宿から市内のドミトリーまで。

 

今回は、一泊のみでそれこそ寝るだけだし。

バスの発着が駅前ということもあり、駅周辺のドミトリー(ベッド一個分が自分のスペースなだけの共同の大部屋)を選びました。

個人的にドミは外国人バックパッカーなんかもいるので好きなのですが、この時期は旅行者も少なく残念ながら新たな仲間づくりはできませんでした。

 

ドミも最近は様々なタイプが有り、利用者もわりかしおとなしい人が多いと思うので、安くは泊まりたいけどプライバシーも大事にしたい。。。という方でも安心なドミも結構増えた気がします。

 

ニーズの多様化ですね(笑)

 

参考までに、今回のバジェット。

 

  • 高速バス(新宿〜高山 往復分)   12040円
  • 宿泊 (ドミトリー 一泊)       1270円
  • レンタカー (普通車 4時間)    2100円
  • ガソリン代               1600円
  • 食費                2000円
  • お土産               6000円

今回の旅の予算合計        25030円

 

ドミトリー利用にしては思ったよりかかったかな。。。

こうしてみると、思いの外バス代が高かった印象。

時期にもよりますが、東京〜那覇間の飛行機より高いです。

たぶん今後もっと新宿から高山に行く人が増えたらバス代も安くなることでしょう(笑)

 

食費の内訳は、一日目の夜はコンビニおにぎり
二日目の朝ごはんは食べないので、遅いお昼でカレーランチ。あとはコーヒーやドリンク、それにチューハイ(笑)など。

 

あとはまぁ、お土産ね。。。買わなきゃね(笑)

これね
子供の頃からの好物なので。。。思わず大人買い(笑)

 

 

とゆうことで

思わぬ学びもあったし

 

目から鱗とはこういうことか。。。差をつける経営のヒント。

 

やっぱ旅は楽しいですな♪

 

 

お時間作って、是非!

 

 

 

にふぇーでーびたん。

目から鱗とはこういうことか。。。差をつける経営のヒント。

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

 

食い物の誘惑が多い季節です

 

 

そして雪は夜更け過ぎに大雨へと変わり

お陰で全く雪のない工場@信州でございます。

 

観光地、という演出。

 

昨日のうろつきでも所謂観光地と呼ばれるとこにも足を運んだんだけど。

 

成功してる観光地に言えること。

 

 

 

どこも共通して、外から来る人の求める「地元っぽさ」を演出するのが上手い。

 

なんかつまんない話になっちゃうけど、飛騨高山の三町だって昔からああじゃなかったからね。

ぼくが小さい頃は今とは全然違って普通の街でした。

今のあれ、全部お金かけて作り込んだ結果ですよ。

 

でも、それが成功して外からの人はそれを求めてやってくる。

 

 

善光寺周辺もそう。

 

古い建物をあえて古く見える風に全部リノベーションしてある。

 

 

 

外から来た人はそんなこと知らないから、昔はこういう姿だったと思って楽しめる。

 

でもこれがとてもツボを得た変身&売り方なんだろうな。

 

 

 

一方

「田舎には田舎のやり方がある」
「そんな都会のしょう(人)みてぇなこと」

などと言ってるとこは見事に過疎化が進んでる現実。

せっかくの名所があっても世に知られず、埋もれてしまっている所も多い。

 

まぁ、なんでもかんでも名所として売り出せばいいもんでもないし、人呼んでゼニ儲けができりゃいいってもんでもないけどさ。

 

自然のまま、ありのまま。。。

は聞こえはいいけど、実際ありのままと荒れ放題は紙一重だったりもする。

 

何事も磨かなければ光らないということかも。

 

 

もったいないよね。

 

。。。と思う。

 

目からウロコだった、逆転の発想。

そんな中で、ここ最近一番目から鱗だったのは
高山の朝市で、コーヒースタンドみたいな屋台に常に人だかりが出来ていたこと(お客さんは主に外国人)。

英語&フランス語で手書きの看板が出ているのも大きなポイントだけど。

日本ぽさを売りにするお店(伝統工芸とか地元の食べ物とか)ばかりが林立する中で、確かにあれは異色なお店でもあったけど、呼び込みをするでもないのに常にそこに人だかりができていたのは自分的には目から鱗だった出来事。

 

なにも日本だから日本ぽいものが売れるとは限らない。

現に外国人が足を運ぶ観光地には、そういうお土産屋も食堂も同じような店が立ち並んでる。

これだと無駄に競合が多すぎる。

 

飛騨牛握りなんて街中のどこにでもあるし、高山ラーメンだって滞在中に一度食べたら2回目行こうって人はあまりいないかもしれない。

 

その中にあって、あのパリの街頭にでもありそうなコーヒスタンド。

外国から来た人がさらっと寄ってコーヒー片手に観光ぶらぶらを続けられる。

極度なジャパニズムの中にあえてあれを置いたオーナーはきっと海外の経験が豊富なのか、そういうニーズをしっかり知っていたんだと思う。

 

外国人観光客があの場で求めるのは、意外にもおにぎりやお団子をもしゃもしゃしながらの散策じゃなくて、ありふれた一杯のコーヒーなんだ。

 

そのニーズを表しちゃってるのが、あの外国人の人だかり。

 

観光はあくまで非日常を求める面白さ。

そんな中にあって突如現れる日常がもたらす「ほっとする感」を知ってるんだと思う。

 

人って贅沢なものだから

非日常にもすぐ飽きる。

 

日常あってこその非日常。

どちらかだけだと心の安定も欠く。

 

だから和牛とラーメンと座敷に疲れてきたところで観光客はコーヒースタンドにきてバランス取るんだと思う。

 

 

仮にあれが甘酒スタンドだったらどうだったろう。。。と考えてみると面白い。

 

やたらと感心させられた出来事でした。

 

「異なる視点」を知ることの大切さ。

こういうのって人がやってるの見ればなんでもないことなんだけどね。

人間そういう視点にはなかなか立てない。

だからついありふれたもので勝負しようとしてしまう。

今までやってきたものに色を付ければなんとかなると思ってしまう。

 

 

ちょっと違う角度から切り込むという、なんでもないようですごくなんでもあるこの着想。

 

これはたくさんの世界を見て、経験を積み、広くいろんなことを吸収してないと知りえない境地なのかも知れないね。。。

 

なるほど仙人がいうことがわかった気もしなくもない。

 

旅で見聞を広めるのもそうだけど

普段からこうして目を広く開くこと

異なるジャンルの世界を知ること。。。

 

そんな気付きが大事なんだなぁ。。。と思わされる出来事でした。

 

 

そう思うと勉強って楽しいな。。と思う。

 

 

 

にふぇーでーびたん。

 

 

仙骨と、射手座新月のカードリーディング。

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

今日も家でごろごろ、ねいさんやいびーん。

 

 

※以下の投稿は、旧ブログ2018/12/8の記事の転載です。


 

仙骨と、「悲しみ」。

仙骨の痛み、が結構しんどくてですね。

若干動くの困難です。。。

 

 

仙骨というのは、悲しみを貯め込む場所でもあるので。

きっと40数年分、自分で自分の悲しみをケアしてあげてこれてなかったものがここで出てきてるのかなぁ。。。と思うので、暖かいお風呂とかアロマオイルとかでケアしてあげているところです。

 

 

 

そういえば悲しみって、案外雑に扱いがちかもしれません。

 

子供の頃は悲しくてもその感情をどう扱っていいのかわからないとか、うまく表現できなかったりとか。

大人になったらなったで表でわーわー泣くことも出来ないし。

人前ではつい元気なふりしちゃったり。

未来に希望があるさ、なんて悲しみ自体を見ないことにしちゃったり。

 

 

なんだろ

 

悲しみ自体って案外押し込められがちというか

 

感情の中でもちゃんと扱ってもらえていないんじゃないかなぁ。。。とふとと思ったわけです。

 

意外なことだけど。

 

 

人ってポジティブな感情は表で出してもいいけどネガティブなものは出しちゃいけない。。。みたいな風潮ないですかね?

 

今の時期だからこその感情開放と、セルフケア。

でも

感情ってどれも大切なものなので

 

無視せず自分の感情一個一個をちゃんと見て、受け止めてあげないと、たまってしまっていつか爆発したり心がギクシャクしたりするんですよね。。。

 

普段のタスクに追われて暮らしていると、そういえば感情って案外無視しがちですよね。

特にこの年末の時期とか。。。

 

さらに日本人は余計にそういう傾向あるかもしれません。

そんなもん、根性だ、とか。

甘ったれてんじゃねぇ、とか。

 

 

 

んでもな

 

自分のこと一番わかってるのは自分なので。

その自分を誰よりも大切にできるのもやはり自分なので。

 

そして自分を大事に扱うことは、自分の周りの人や世界をも大事に扱うことになるので。

 

 

 

年末に突入する前のこの今の一瞬の週末。

 

みなさまセルフケアをなさってはいかがでしょうか。

 

体の痛み、心のいがいが。。。。内側を見てあげて、大事にしてみてあげてください。

 

特に今週末からまたガクッと冷え込みましたからね。

 

養生、大事です。

 

肉体も心も。

 

ぬちまーす風呂、オヌヌメです。

 

 

 

温まりますし、浄化作用がやはりすごいです。このお塩。

 

 

ついでに。。。浜比嘉島。

 

ちなみにぬちまーすがとれるのは、宮城島という島なのですが。

 

そのとなりは、浜比嘉島です。

 

 

浜比嘉島。。。

f:id:dehjimarsan:20181208162659j:plain

背中から羽が生えます。

 

脳天から光が入ってずどーんと抜けます。

 

 

。。。行けばわかります。

 

そういう場所です。

 

強烈な場所。

 

射手座の新月。

さて

 

昨日は射手座で新月になりました。

 

水星逆行も終わった今。

 

 

いろーんな見直しが来ましたね。

 

 

水星の逆光って、今までのやり方を振り返る、見直す、という時期に当たるのですが。

 

まぁ年末にもなることですし

今年一年の総括をし始めた方なんかもいたのではないでしょうか。

 

お仕事やられてる方とか。

業務上の改善点や何かが見つかったり

 

あるいは、この一年で自分が学んだことや身についたことに気づき、成長を実感されている方もいるでしょう。

 

特に2018年はすべての人にとっての転機になる年でもあったので、今までやってきたことから全く別の世界に移った人や、今までの自分なら想像もできなかったことを始めた人も多くいるかと思います。

 

転職、結婚、離婚、引っ越し。。。。

 

大きな変化を迎えてもしかしたら変化の波に翻弄された方も多かったでしょう。

 

 

 

ぼく自身もそうでしたね(笑)

 

 

翻弄されまくって、今生きてるのがほんとに不思議なくらいです。(笑)

 

 

遺書用意して、死後の段取りの指示まで事細かに書いて、準備までしてましたからね(笑)

 

 

 

そして

 

肩を超えるほどあった髪をごっそりと落としました(笑)

 

今は脱色を繰り返したこともあり、GACKTみたいな感じです(残念ながらぼくはデブですがw)

 

こんな髪になるなんて自分では夢にも思ったことはなかったですが、なってみた今は実は結構気に入ってます。

 

そして、この中性的であることがとても心地よく楽ですね。

 

 

自分は自分、ていう全てから独立したカテゴリ、という位置づけ。

 

 

 

まぁ、髪がないってこんなに寒いというのは思わぬ世紀の大発見でしたが(笑)

 

 

 

 

 

 

話ずれましたけど。

 

 

 

そんな感じで様々な変化を経て、水星逆行による見直しや振り返りを経て。

 

昨日の新月。

 

つまり、またスタートです。

 

 

冬至を間もなくに控えているので、今年の(去年の冬至からの一年間の)まとめをする時期。

 

今までの歩みを見直した上で、次どうしようかな

自分の中にあるものに気づいたところで、自分はこうしたいな

 

そんな気づきを得て取り組み始めるスタートラインです。

 

 

 

今年は様々な惑星の動きも重なり、散々自分の本当の気持を試されたと思います。

 

困難や一見嫌なことを通して自分の真実を見ろ、というのが今年のテーマでもあったので。

 

そこで気づいたことはこれからの飛躍につながるはずだと思います。

 

 

自分すらも知らなかった自分の本心に、奥底では気づいてるんだと思います。

 

でも、それを見ると今までの自分が崩壊してしまったり、かっこ悪いと思ったり。。。

 

そんなことで本当の自分から逃げてきた方もいるでしょう。

 

 

でも逃げているときではないよ、キチンと向き合ってあげてね。

 

その先に本当の答えがあるんだよ

 

というのが星たちからのメッセージでもあります。

 

 

 

やっぱり、セルフケアだなってハナシ。

 

さっきの感情の話ではないですが。

 

 

自分を一番良く知り、一番良くケアできるのは自分ですからね。

 

 

 

今週末はゆっくりお風呂にでも浸かりながらそんな自分のホントの気持ちを

カッコつけず、理屈をつけず感じるがままに受け止めてあげるのはいかがでしょうか。

 

海でのグランディングもおすすめです。

 

裸足で砂の上に立つだけでもいい。

 

地球とつながって余分なものを流し、思いっきり降り注ぐエネルギーを吸収する。

 

 

それだけでかなりスッキリします。

 

 

 

 

冬至という一つのエネルギーの切り替えポイントを前に

体と心を整えてあげる週末。

 

いかがでせうか。

 

 

 

 

おまけの、オラクルカードリーディング。

 

ということで、本来新月は昨日でしたが(笑)

 

 

新月のカードリーディング。

f:id:dehjimarsan:20181208160940j:plain

 

 

ブログを通じてすべての人に届くメッセージを下さい、といって出たのがこれ。

 

 

直訳すると、恋愛が良い方向に向かいますよ。。。ですが。

 

もちろん

そういう人もいることでしょう。

 

新しいパートナーを得たり。

今いるお相手との関係がより深く、愛で包まれたものになっていったり。

結婚したり、婚約したり。。。などなど。

 

愛のある関わりが増えたり深まったり、あるいは自分の持っていた愛に気づくときかもしれません。

 

それ以外にもこのカードが伝えようとしていること。

 

愛はなにも恋愛だけではありません。(この点日本語って語彙が乏しくて不便。。。)

 

 

自分を大切にすること、愛すること。

 

愛するっていうことは、ありのまま受け入れること。

そして、感謝すること。

 

 

今日まで頑張ってきた自分を褒めてあげたり

どんな状況にあれ、今日まで歩んでこれた自分に感謝して、受け入れてあげましょう。

 

自分を誰よりも愛することができるのも、やはり自分自身ですからね。

 

 

 

◯◯だからよくて、◯◯だからダメ、という「条件付きの愛」ではなく。

ありのままを受け入れ、認め、感謝の気持ちを感じられること。。。

 

そんな「無条件の愛」がテーマになるのかな、冬至以降の向こう一年間は。

 

 

これは自分に対しても、自分の周りに対してもね。

 

もちろん、地球の生きとし生けるもの全て。

 

 

 

Fill the Planet with LOVE!!

 

 

 

 

 

にふぇーでーびたん。

 

旅のススメ

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

 

内地は寒いね。。。

 

今朝の那覇市

f:id:dehjimarsan:20181206180425j:image

 

天気いい!

 

 

わかった

 

自分に不足してるのは日光だな。

 

曇りや雨の日は落ちる。

 

 

そして

工場に一週間も篭ると落ちる。

 

 

やっぱなたの強い日差しに当たってるのがハッピーの源なようですな。

 

意外と安くなかったLCC。

f:id:dehjimarsan:20181206180604j:image

沖縄は行く機会が多いのでいつもその時で一番オトクなフライトを探すのが常なのですが。

 

今回は、LCCよりも羽田発フライトの方が安かったです。

一般的に安いと言われるLCC(ローコストキャリア)。

最近はLCC人気なのか、案外いうほど安くないかも。。。

予約のタイミングだとは思うのですが、いろいろ比較サイトで調べてみると、LCCよりもANAとかJALが安いなんてことも時々あります。

今回もそうでした。

 

なので

スケジュール的に成約があったり、マイレージが貯めたいとか特定のキャリアのメンバーだとかいうのでない限り、飛行機はいろいろ比較して探せば結構安いのが見つかります。

 

便利な時代になったもんです。

 

情報は徹底して集めて、利用して、オトクに生きましょう(笑)

 

今回のようにANAだと、LCCと違い荷物預けても追加料金ないし(今回泡盛もらっちゃったからね。帰りは荷物預けたんだよね。あのサイズの液体物はキャビンラゲージに出来ないから)、コーヒーももらえるし。

発着もLCCターミナルではないから、空港によっては飛行機降りてからの移動時間もかからずに済むし。

 

やはり航空券はそのへんも含めてトータルのお値段で判断するのがコツかと思います。

お住いの地域によっては、羽田発と成田発では空港までの交通費や移動時間もだいぶ変わると思うし。

 

まぁ、今回は運が良かったのかな。

 

 

運が良かったといえば

帰りも空港からのバスがチケット買ってから10分後の発車だったり

高速バスから家まで歩いて帰ろうと思ったらちょうど目の前に路線バスが来たり。。。で待ち時間もなく。

多分記憶にある限り一番スムーズな乗り継ぎの旅だったと思う。

 

雨だし寒かったからほんと助かった。

 

 

神様のおかげかね?(笑)

 

 

ご縁とか仲間とか感謝。

 

昨日のこと。

f:id:dehjimarsan:20181206181356j:image

 

丸二日歩き通したので足は筋肉痛だし

おまけに昨日は朝から曇り&雨でお布団から出たくない病発生(笑)

 

別に今更行きたいとこもないし、でも友達に教わったお店にご飯食べには行きたいけどこの雨の中出るのめんどくさいしな(レンタカーは返した)。。。ってことで一日中部屋で惰眠を貪ってた。

 

 

夜9時ごろ

 

空腹で起きて近所のスーパーまで夕飯を買いに行く。

 

 

そして一人宅呑み。

f:id:dehjimarsan:20181206181140j:image

もう生活スタイルがおっさんw

 

 

ふと

 

メッセージが来てるの気づく。

 

別ブログの読者さんと実はご近所だということがわかり

 

じゃあ今から会いましょう!

 

ってことで夜中から急遽オフ会(笑)

 

彼女も不思議な経歴の持ち主で、あれこれ自分と重なるところがあって話しててとても楽しい人。

しかも、さーだか。

 

※さーだかうまり(さーだか)=見えたり聞こえたりする人、スピリチュアルな人。。。そんな感じ。

 

 

正直、誰でも彼でも会うわけじゃない。

知らない人に会うのも怖いし、そもそもぼく人見知りだし。

 

ただ、メッセージから伝わるエネルギーがとても柔らかくて強いからこの人は大丈夫だな。。。と思って。

 

結果また素敵なお友達が増えました♪

 

必要なご縁は皆つながるように出来てるんですよね。

 

 

神様パワーだな(笑)

 

 

なんか

 

今年はいろんな人がいなくなってしまってひとりぼっちだなぁ。。。とか思ってたこともあったけど

 

気づいたらこうやってぼくのために時間を取ってくれる人や、お土産やご飯をご馳走してくれる人が増え。

なんていうか、居て楽しい仲間、同じ感覚をシェアできる仲間、学びを与え合える仲間が周りにいるようになったじゃんね。

 

ありがたいことだなぁ、と思う。

ほんとに。

 

そして皆がみな、さーだか(笑)

 

ノロだったり、宇宙とコンタクトできたり、アカシック読めたり。。。そちらの方々ばかりになったので話もしやすくてとても幸せです。

 

そういう感覚を否定されることもないしね。

 

 

気づけばほんと、幸せ。

 

 

 

思えば会社にもいかず、好きな車だけ塗ったくったり、思いつきで旅に行ったり。

 

やりたい放題だけど暮らせてる。

 

 

本当にありがたいことだなぁ。。。と思います。

 

 

この流れを元に

来年はもっとパワフルなスナフキンに!!

 

 

世界中をうろつきたいな!

 

 

 

そう

旅したかったんだな。やっぱ。

 

旅してる時が一番幸せ。

 

 

とりまiPhoneと充電器と財布があればどこに行ってもどうにでもなる。

そう考えると旅って案外手軽だよな。

 

 

そうそう

沖縄ランクル多いですね。

ロクマルが多かったですが、77とか76も。

那覇西道路ではよんまるさんもいたなぁ。。。

 

 

素敵すぎるでござる。

 

なんだかみんなお友達になれそう(笑)

 

 

てゆうか気づけば沖縄に素敵なお友達いっぱいいるよな。。。ぼくな。

 

 

まとめと、旅のバジェット。

 

今回もご縁を繋ぎ、繋がれ。

龍を繋ぎ、神を繋ぎ。

民謡巡りしたり

チンダミライブ行ったり(笑)

 

とても充実した旅になりました。

 

 

 

 

今回のバジェット

 

  • 飛行機 羽田⇆那覇                約16000円
  • 民泊                @3100円x4泊=12400円
  • レンタカー                             三日で 8200円
  • ガソリン代                                       2300円
  • 食費やその他入場料などが             約10000円
  • 護得久会長グッズあれこれ                  6000円

  • 5日間合計                                    約54900円

 

食費は、正直ゴチになることが多かったので今回は正直少なめ。
あとは民泊なので基本スーパーで買ってきて食べるので外食頻度少ないのも食費が少ない理由。
だから毎回外食だとこの辺の予算は結構変わってくると思う。

とはいえ、会長グッズなければ5万切るし。

レンタカーも1日なら2000円ぐらいから借りられる。

 

往復のチケットと宿代だけなら3万切るわけで。

案外手頃に行ける。

 

もちろん、いいホテル泊まろうとか言い始めたらこの限りじゃないけどね。

 

ぼく的にはホテルって人が多いし、案外廊下の足音とか聞こえるし、大概街中にあるからやっぱ周りもうるさいし。。。で落ち着かないので民泊愛用。

洗濯も自由にできるし、基本家なのでキッチンもあったりしてのんびり過ごせるから好き。

 

 

やり方によっては案外旅のハードルって低いかもね。

 

これからはもっとどんどん旅しよっと!

 

 

 

いっぺーにふぇーでーびたん。

 

いつもの、うがんまーい。

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

うちなー3日目、ねいさんやいびーん。

 

 

3日もいると日本語(やまとぅくとぅば)のアクセントがおかしくなる(笑)

 

 

さて

今日も暇なので、定番コースでうがんまーい(御願周い)。

いわゆる、お参り。神様巡り。

 

アマミキヨと浜川御嶽。

 

やっぱりここ。

ぼく的に、一番「繋がる」ところ。

f:id:dehjimarsan:20181204195910j:image

f:id:dehjimarsan:20181204195914j:image

 

なんだろ。

 

光と声で呼ばれるほどここの主とは縁があるらしい。

 

つまりアマミキヨ(琉球開祖と言われてる神様)ですが。。。

 

ということで

 

今日もアマミキヨお参りツアー。

 

 

斎場御嶽(せーふぁーうたき)。

 

今回は。。。

冬場の平日ということもあり、空いてたので(観光バス来てなかった)、斎場御嶽(せーふぁーうたき)に寄ってみた。

 

斎場御嶽

f:id:dehjimarsan:20181204200219j:image

f:id:dehjimarsan:20181204200210j:image

f:id:dehjimarsan:20181204200216j:image

f:id:dehjimarsan:20181204200222j:image

いつもだいたいツアーバスとかで人に溢れてるのとか

人が多すぎて静かに神様とお話できない雰囲気なので、個人的にはわざわざ行く必要も感じていなかった場所。

 

正直、「最強のパワースポット」とかいう割に多くの人の雑多な波動に参ってるのか、せーふぁー自体がぼくにはあまりアピってこなかったので今までわざわざ行くこともなかったのですが。

f:id:dehjimarsan:20181204200552j:image

ここに立つと。。。。あちらから呼んでくる。

 

 

久高島。

 

ガチでリアルな神様の島。

 

 

 

「そっちですか?やっぱ?」

 

と聞くと

 

「そうだ」

 

というお答えが。

 

 

 

確かに

 

斎場のエネルギーは強いと思う。

けど

やっぱりぼく的に感じるものとしては、よっぽどさっきの浜川御嶽(はまがーうたき)の方が強い。

 

この辺人によって違うみたいで、実際せーふぁーがすごいって人もいるし、合わないって人もいる。

 

なんだろ、人によって合う合わないってあるんかな。

 

 

 

ちなみにな

 

今日行ったら浜川御嶽さん。

突風で答えてくれて。

一通りお話した途端、一瞬だけの雨。

 

あそこ行った人ならわかると思うけど、木が茂ってるので雨宿りできる場所。

 

なのに、雨。

 

一瞬だけ。

 

 

ああ、禊ですか。

 

って思ったら止んだ。

 

車に戻る頃快晴28℃、本日の沖縄本島南部。

 

 

ガチでリアルな神様の島、久高島。

呼ばれたので、いそいそと船に乗る。

f:id:dehjimarsan:20181204201025j:image

今日はたまたま高速船。

斎場御嶽のちょいと先(車で10分ぐらい)の安座真港からフェリーと高速船が毎日4往復ぐらい出てる。

 

フェリーなら30分ぐらい、高速船だと15分ぐらいだったかな?

 

f:id:dehjimarsan:20181204201028j:image

f:id:dehjimarsan:20181204201019j:image

 

前回わかんなくて行けなかったとこにも連れてってもらえた。
f:id:dehjimarsan:20181204201033j:image

 

今日は観光でなく、うがんの人も結構いた(船のお客さんの半分ぐらい)

 

 

久高島の先端。

ハビャーン。

f:id:dehjimarsan:20181204201014j:image

 

 

そして、今日のガイド氏
f:id:dehjimarsan:20181204201022j:image

久高のみならず、神様がいらっしゃるとこには必ず蝶がいて、導いてくれる。

こっちだよ、っていうふうにちゃんと連れてってくれるのでただついていけばいい。

 

そして、面白いことに「写真撮りたい」っていうと必ずどの子も近寄るなりポーズ決めてくれる。

嫌な子は「今無理ー」って言って離れてくからチョウはわかりやすい。

 

悪いがぼくうちなーのチョウとはツーカーよん?(笑)

 

 

今回も歩いた。

絶好の晴天、28℃の中を一周3時間歩きっぱなし(笑)

でも水1.5リットルと頭を覆えるタオルは持ってたので問題なく。

 

。。。今は前と違って髪も短いので涼しいしなw

 

 

 

帰り

船に乗った途端、雨。

 

そして、虹

f:id:dehjimarsan:20181204201526j:image

うがんのあとの虹とか、どんだけ!

 

 

神様と言ってもそれぞれ。

f:id:dehjimarsan:20181204201037j:image

久高島も斎場御嶽と一緒で、合う人合わない人いるみたい。

無理無理!っていう人も実際いるし。

あんなとこ一人で行ったらでーじなるよ(大変なことになるよ)ってぼくも言われたけど。

 

とりまえずぼくには合うみたい。

 

多分それぞれの魂の持つ固有のエネルギーに共鳴するかどうかなのかもしれない。

 

見える人、聞こえる人、いろいろタイプがあるように、受け取り方もそれぞれなんだと思う。

 

久高には言い伝えがあって。

過去生も含め、久高島の人だった(ノロとかそういうのも含む)魂はいずれ呼ばれて帰ってくるんだそうな。

 

5月に強烈に「呼ばれて」行った時に出会ったおじいに

「じゃあ、あんた久高の人だね。。。また帰ってくるよ」

って笑顔で言われたけど。

 

ほんとにまた「帰ってきて」しまったね(笑)

 

 

そんなことをクボー御嶽で思い出してたら頭痛が抜け。

視力が上がったように視界がクリヤになった。

 

ああ、この感覚を教えたかったんだ。。。。

って思って。

 

したらなんかしらん、涙ぼーぼー出てきて。

全身がふわっとなってそして何かでいっぱいになって感動みたいので震えて。

 

 

やっぱり久高、ガチで神様の島。

 

中途半端には行けないな。

 

つなぐ役目とか放浪とか。

 

そして帰りは大雨&いつもの夕方大渋滞。

んでもとりま無事に着いた。

沖縄は内地に比べて道路が狭いわりに交通量が多いので(車社会だしな)朝夕はほんと混む。。。

元トラック乗りとしては、ここでワッパ転がしは大変だよなぁ。。。と思う。

 

 

今日は真夏のようだったな、しかし。

 

汗もかいたし、12月なのに相当日に焼けた(笑)

 

まぁ普段寒冷地で日に当たらず工場にこもってるからこのぐらい日に当たる&動いた方がいいかもしらんね。

 

やはり旅はいいね。

 

 

常に旅をして生きよう。

 

 

あちこちを放浪して生きる。

 

 

前回の龍巡りでも気づいてたけど

それが望みなんだとほんとにわかった。

 

 

 

今やるしかないよな。

 

 

ってホント思う。

 

 

 

 

にふぇーでーびたん。

 

 

おくりびととか民謡とか。 師走のうちなー その1

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

今回の旅は。。。

ちょいといろいろと用事をまとめてうちなーまでひとっ飛び。

今回は中部を中心に、本島一周しますたw

 

 

朝方の空港が予想外だった件。

今回はスケジュールの都合で、朝一フライト。

 

電車の走り出す前から空港行きバスが最寄り駅から出てるのはホント助かった。

 

 

んが。

f:id:dehjimarsan:20181203215752j:image

夜明け前の羽田空港。

 

 

どこもお店は閉まってる(笑)

売店もなにも、自販機以外は準備中か閉店なう。。。

空港で朝ごはん食べてお土産買って。。。という企みは見事に頓挫

 

これは予想外だったわ。。。

 

おかげで手ぶらで行く羽目に(事前に買っとけっちゅー話だよね(笑)

 

 

だけど快適な、空の旅。

 

そんな空港を後にして。。。
f:id:dehjimarsan:20181203215743j:image

座席指定で窓際が取れたので、のんびりフライトを楽しむ。

f:id:dehjimarsan:20181203215747j:image

富士山よく見えた。

 

八ヶ岳も蓼科山もアルプスもよく見えた。

 

かれこれ沖縄フライトはしょっちゅう利用するけど

今回のビューはかつてないほどクリア。

工場のあたりも上空からわかるほど。

 

すげーな、今日は。

Google Earth見てる気分で楽しいぞ♪

 

 

うちなー着陸。

 

朝のうちに到着。

とりまレンタカーでそのまま中部まで移動。

 

いろいろと用事を済ます。

f:id:dehjimarsan:20181203220108j:image

送るべき人を向こうにお見送りし。

ミッション一個クリヤ。

 

 

ついでに。。。というわけではないけど。

f:id:dehjimarsan:20181203220200j:image

握手までして頂いた上に記念撮影までしていただきました。

緊張と感動で声が出なくてキョドってしまいました(笑)

お名刺まで頂いて。。。もういま死んでも思い残すことはありませんね。

ほんとに。

 

 

流石に芸能人の画像は勝手にあげるとチンダミされてしまいそうなのでここでは上げませんが。

 

 

ファンになって一年強。

まさか握手してもらって名前まで呼んでもらって並んで撮影までしていただけるとは思ってませんでした(笑)

 

 

会長。。。。何気肌綺麗でしたね。。。

 

 

夜はお友達にご飯をご馳走になり(エンドレス酒盛りともいう。。。)

f:id:dehjimarsan:20181203220518j:image

こんなツボを押さえたお土産まで頂く。

 

くゎっちーさびたん。

 

 

 

琉球民謡の旅。

二日目は、民謡の旅。

f:id:dehjimarsan:20181203220736j:image

f:id:dehjimarsan:20181203220727j:image

f:id:dehjimarsan:20181203220731j:image

f:id:dehjimarsan:20181203220719j:image

f:id:dehjimarsan:20181203220722j:image

f:id:dehjimarsan:20181203220740j:image

f:id:dehjimarsan:20181203220745j:image

 

「いちゅび小」(いちゅびぐゎー)の座喜味(ざちみ。歌詞は”村”だけど、ここは”お城”)と喜納番所(ちなばんじゅ)。

歌詞の場所見ると感動して超テンション上がる。

 

そのかわり自分の三線の腕の方は相変わらず上がらない。。。

 

 

途中。

f:id:dehjimarsan:20181203221126j:image

 

谷茶前節(たんちゃめーぶし)、の谷茶。

 

 

続いて

f:id:dehjimarsan:20181203221258j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221303j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221329j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221252j:image

 

 

「娘ジントヨー」(むすめじんとよー)の辺戸岬。

 

与論はちゃんと見えたよ。

三枚目の雲の右下あたり。

 

 

 

そこまでいったつい

でなので、琉歌と関係ないけど、大石林山へ。

この図のコース全部歩くと2時間かかったけど、色んな意味で面白かった。

f:id:dehjimarsan:20181203221727j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221734j:image

美しいところ。

f:id:dehjimarsan:20181203221800j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221810j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221716j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221712j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221820j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221752j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221739j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221816j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221721j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221804j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221746j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221826j:image

f:id:dehjimarsan:20181203221838j:image

 

言われる通り南部と北部のエネルギーは違うね。

来てみてよくわかった。

でも多分ぼく的には南部の方がストレートにくる気がする。

 

まぁ北部ははじめましてだったからかも知んないけど。

 

再び車に乗って、せっかくなので反対側を回って帰ることにする。

急ぐ旅でもないしね。

 

 

 

途中、「安波節」の歌碑を見つけてUターン(笑)

f:id:dehjimarsan:20181203222120j:image

f:id:dehjimarsan:20181203222105j:image

f:id:dehjimarsan:20181203222109j:image

 

普通の村だけど、昔の人にとってはきっと歌にしたいほどの美しいとこだったのかも。

 

こうやって歌に歌われた場所を巡ると改めて感動するよな。

 

 

そして

今日のニュースで話題の辺野古。
f:id:dehjimarsan:20181203222116j:image

表立って撮るのもなんなので隠し撮り(笑)

 

やんばるの山は実は結構な面積をアメリカに占領されてるのね。。。

地図見て知ったわ。

 

そういえば

「風かたか」(かじかたか)というドキュメンタリー映画で見た景色や場所が映画そのままで。

なんかビビった。

 

夕方だったからか、誰も座り込みもしてないし施設側の警備員以外誰もいなかったけどね。。。

 

 

そういうのも実際目で見ないとわからんもんだもんね。

 

 

政治とか戦争とか置いといて。

歌にも歌われるほどの自然を壊したり汚すのは嫌だと思う。

 

やっぱ戦うことに心やお金を使うなら、仲良くすることに心もお金もかけて努力したいと思う。

 

 

 

 

帰りは夕方の渋滞にがっつりハマる。

首都高の渋滞なんて渋滞のうちに入らない。

毎日が内地の盆暮れ渋滞なうちなー。

 

都心の電車もそうだけど

通勤って仕事以上にエネルギー使うんじゃないかな。。。

 

 

なんだかなぁ。

 

 

 

さて

 

とりまえずやるべきことは全部やってしまったので明日から暇だw

 

あと二日何しよう(笑)

 

 

 

にふぇーでーびたん。

つなぐ、というお役目。

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

 

 

人間、頭でっかちになると動作不良を起こす。

 

 

知識とか思考だけでは生きていけない。

 

直感や体感だけでも生きてはいけない。

 

肉体だけでは生きていけないし

 

霊体だけでも生きてはいけない

 

 

 

でも

 

どちらも同じところから出たものであり。

 

どちらも無限に無形につながっている。

 

 

その本質は同じだ。

 

 

 

対極なようで同じもの。

 

 

その2つが同時に存在しているのには意味があるから。

 

 

対極である(ように見えるだけなんだけど)必要があるから。

 

 

 

 

あえて分離を知ることで、一つであったことを知るのだ。

 

 

 

それを学ぶのが地球かもしれない。

 

f:id:dehjimarsan:20181123173736j:plain

 

 

 

 

 

 

全ては同じものなのだよ。

 

 

 

 

それをつなぐための、ぼくという存在。

 

 

分離と統合

 

陰と陽

 

光と闇

 

あちらとこちら

 

 

 

どちらでもあってどちらでもない

 

 

 

つまり

 

全てを包むもの。

 

 

 

 

そういうお役目。

https://www.instagram.com/p/Bqg2hhFh3BU/

You might think it’s only a superstition or kind of a fairy tale….but sometimes it works better than physicians. 科学や論理的思考では太刀打ちできない世界がある。対極に見えるけど、全部繋がってる。ぼくはそれを真ん中でつなぐ役。どっちにも属するけど、どっちにも属さない。そういう存在。

 

 

旅づいてきた。

 

 

放浪を続けよう。

 

 

 

見える世界も見えない世界も

 

つなげていこう。

 

f:id:dehjimarsan:20181123173249j:plain

 

 

分離するのではなく

 

つなげていくのだよ。

 

 

 

他人も自分も

 

宇宙も地球も

 

 

 

ぜんぶ同じなのだからね。

f:id:dehjimarsan:20181123173347j:plain

 

知識や感覚だけでなく

 

 

せっかく動ける肉体があるのだから

 

 

どんどん動く。

 

どんどんつなげていく。

 

 

どんどん扉を開くよ。

 

 

 

 

 

あ。

 

よんまるさんも作るよ。

 

あれはあれでね。

 

 

 

 

 

今日は双子座満月。

 

 

まずはゆくりましょうね。

 

 

 

 

にふぇーでーびたん。

iPad Pro 11インチとfolioが予想外に良かった件。

どうもまいど。

おはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

 

こないだから騒いでた件のiPad Pro 11インチモデル。

先日新宿のApple Storeまで行って受け取ってきますた。

とゆうことで、今日はiPad Proとfolioのお話。

 

iPad Pro 11インチってどんな感じ?

今回買ったのは、iPad Pro 11インチモデル。

まずは見た目。

 

色はシルバーとスペースグレイの二択の中から、渋めのスペースグレイを選択。

なんとなくfolioと合わせたときに一体感のある色、ってことでこっちがいいかな。。。と。

 

あとはなんとなくこの色のほうが高級っぽいというか、「デキる人っぽい」と思ったから(笑)

使い込んだ革の鞄からこんなの取り出してカフェで無言になってたらなんか仕事できる人に見えるだろ?(笑)

。。。。イメージ戦略、大事(笑)

いざ、実際に本体を手にしてみて思うのは、その軽さと持ちやすさ。

 

角ばってるけど逆にそこが滑らない感じで案外持ちやすい。

サイズ的には実は初代iPadとほぼほぼ変わらないくせに、持った感じも重さ感は格段に違うと感じる。

実に隔世の感だね。。。

これならキャビンラゲージに入れても苦にならないし。

カーナビとしてダッシュ板に固定しても重みでホルダーが外れちゃった!なんてこともないだろう。。。。

これはiPadの性格や使用目的を考えたらほんとにありがたい。

 

充電の注意点。

充電ケーブルは本体下なのは今までどおり。

ただしこちらはUSB-Cのタイプ。

現行のMacbookとかね、みんなCだよね。

 

 

。。。おかげで充電コード買い増し(笑)

 

買うことを考えるときにはそのへんの細かいことも考えんといかんな。。。と買ってから気づいた。

今回新たに買ったのは、これ

二本入ってこの値段♪

 

そうそう

iPadProね、従来のより容量食うみたいで。

充電器もiPhoneとかで使えてたのが使えなくなる可能性もあり。

当然、同じUSB-Cのケーブルでも十分な電流を流せないモデルだと猛烈に時間がかかるか(工場にあるのがそうで、一晩かけて0〜やっと24%でしたwww)、下手すりゃ充電自体ができません。

 

なので、買う時はそのへんのスペック確認してみて下さい。

 

充電器やその周辺に関してはまた別記事かきましょうね。

 

 

憧れの、4スピーカー。

さて、本体だったね(笑)

今回、いいなって思ったのがこれ!

本体の上にもスピーカーが2つ。

なんと、合計4スピーカー仕様となってるらしい。

。。。まぁ、所詮iPadのスピーカーだから知れてますけどね(笑)

それでもなんか得した気分で嬉しい♪

とりま作業しながらダラダラ流すには十分かと思うよ。

それに、外部スピーカーつなぐにはまたつなぐ変換ケーブル買わなきゃいけないしね。。。

 

 

何かと物入りになるな。。。これ(笑)

 

wifiモデルか、セルラーモデルか

今回、機種選定並に迷ったポイント。

 

ざっくりいうと、Wi-Fiモデルっていうのは公共や家のWi-Fiのみを使ってインターネットとつなげるタイプのモデル。

それに対してセルラーモデルっての言うのは、Wi-Fiに加えて携帯電話の回線を使って通信ができるというもの。

 

そう書くと

「あんだ、セルラーのほうがいいじゃん!」

って思うけど。

一概にそうともいい切れない。

 

 

まず

セルラーモデルのほうがWi-Fiモデルよりも数万円高くなる。

それに、インターネットで動画がみたいとか出先でブログ書きたいとか仕事したいとかだったら、今どきWi-Fiスポットはバスや飛行機の中にすらある時代。

正直その価格差をかんがえると一般的な使い方ならWi-Fiモデルで十分な気はする。

 

それでもなぜぼくがセルラーモデルを選んだのか、っていうと。

 

 

主な使用目的に、カーナビとしての使用が念頭にあったから。

 

 

実はiPad

初代からそうなんだけど、セルラーモデルには内蔵されてるGPS機能がWi-Fiモデルにはついてないのだ。

 

GPS機能というのは、自分が今どこにいるのかを衛生からの電波をキャッチして把握してくれる便利な機能のこと。

カーナビで言う、「現在地」ボタンみたいなもの。

これがあるから自車の位置がわかるし、今の位置から目的地までの経路とか時間がわかるようになってる。

 

 

なので、GPS装置なくしてカーナビとしては機能できない。。。ってわけだな。

 

ここ、カーナビで使おうとする人は気をつけたいポイント。

 

GPS機能の有無以外では両モデルの機能的な差はほぼほぼない。

このSIMスロットが付いてるぐらいか。。。。

たぶんどこかのキャリアと契約してSIMを入れれば使えるのだろうけど

いまのところそれは考えていない。

 

だって

SIM入れなくてもGPSの位置情報は稼働するからね。

 

 

てゆうか現状、家や工場ではwifiがあるし

外出時もモバイルルーターを使ってる。

実は今この記事も駅前のカフェで書いているのだが、このカフェのFree Wi-Fiを使わせてもらって書いている。

 

だから、個人的には現状どこかのキャリアと契約する必要は感じていない。

 

 

 

実は当初、wifiモデルを買って

GPS発生装置を別に繋げればいいかとも思ってた。

 

こゆのとかね。

ただこの装置。

iPad本体の充電ポートのとこに刺さなきゃいけないので

たとえば充電しながら使いたい、とか。

音楽流しながらのドライブでナビとして使いたい、とかはできなくなる。

 

 

これは不便だろ?

 

それに

実は結構なお値段がする。。。。

となると、これ買うよりも素直にセルラーモデル買ったほうが結果的にsmartなんじゃね?って思ったので、ねいさんはセルラーモデルを奮発。

 

いろんな周辺機器をごちゃごちゃ持ち歩いたらせっかくのiPadProの身軽さがスポイルされちゃうじゃんね。。。。

 

 

 

だから

iPadProにナビ機能はいらないや。。。って人はWi-Fiモデルで十二分にiPadの魅力は堪能できると思う。

 

 

 

予想以上だった、Apple Smart Keyboard Folio

も一つ。

今回の購入にあたり

正直iPad Pro10.5インチ(旧モデル)と11インチで悩んだ。

 

スペックで考えたら、本体価格も11インチモデルに比べて安い上に充電ケーブルも既存のLightningケーブルが使えるので、新たに買い直すこともない10.5のほうが現実的な選択。

10.5だからって機能的にことさら劣ってるわけでもない。
だから本体だけを選ぶなら、こなれた価格の10.5インチのモデルは意外とオススメ。

 

しかし

そこを敢えて11インチを選んだ理由が、このfolioの存在。

キーボードが付いたカバーというか。

iPad本体を包んでくれる、キーボドというか。

 

閉じればiPad Pro本体をすっぽりサンドイッチしてくれて、一体感なフルカバレッジ。

そしてキーボードがあっても、閉じた際にその厚み分浮いたりがたがたと不格好になることもなく、とてもスマート。

まるで一冊の本のように、すっとする。

 

ココらへんはさすが純正アクセサリーだな、と思う。

 

 

実は、10.5にもこれと同じようなアクセサリーはある。

だが。。。裏っ側がカバーされないのだ。10.5のは。

そしてキーボード分の厚みが閉じた時にぼこっとしてしまう。

 

 

ちょっと。。。。かっこわるい。

やっぱりデキる大人のツールとしては(笑)スマート感大事よね。

 

。。。。自己満でしかないけど(笑)

 

 

そんなfolio本体。

裏っかわもスエードになっていて、iPad本体に優しい&ぱっと見お上品な仕上がり。

iPad本体とfolioは強力なマグネットで固定されるみたいで、ちょっと近づけるだけでバシッとひっつく。

 

なので、お外で使っててもゴロッと落ちるとかズレるってことはないと思う。

そのぐらい強力。

 

どうでもいいことかもしれないけど、このカチッと感はちょっと気に入った。

 

 

本体裏の丸3つとfolio側の小さなポッチが繋がってキーボードやなんかと反応するみたい。

こういう細かい事はわからんが、かっくいいなぁ。。。と思う

 

こういう仕組み思いつく人って天才やね。

 

 

 

キーボード

f:id:dehjimarsan:20181220145552j:image

 

今気づいたけど、キーボード面はなんかナイロンみたいな繊維っぽい感じ。

でも毛羽立ってるとかではなく。

たぶん埃とか水とかを防ぐためなんだと思う。

 

よくある社外品みたいに、キーボードがゴムっぽい素材とかだと年々使ってるうちにベタベタするのもあるけど。

この素材なら年中サラッとしてていいと思う。

ちょいと汚れても拭きやすそうだしね。

 

こういう細かい使用感は大事かもな。

 

特にほら、うちみたく車内や工場で使うことも考えるとね。

 

 

 

 

とゆうことで、Apple Smart Keyboard Folio。

思ってた以上にこいつはいいぞ! っていうお話。

 

 

folioを実際に使ってみた感じ

実際にこうやって文字を書いていての感想としては

キーのタッチも程よい感じで、違和感はさほどない。

ただ、MacBookとかに比べたらキーボード本体の幅が狭いので(そりゃそーだ)そこは慣れが必要かも。

 

 

とはいえこの記事を書いてる間にだいぶ慣れてきたと思うので時間の問題かな。

 

まだなんとなくついMacBookの感覚で親指あたりにトラックパッドを探してしまうけど(笑)

まぁそこも慣れるよりないかな。

 

もしかするとブルトゥースでマジックトラックパッドとか繋げられるのかもしれないけど。。。今のところ使う必要も予定もなさそう。

機動性重視、だからね。

 

 

 

一つだけまだ慣れないな。。。と感じたのは、入力する文字の切り替え。

Macだと「command+space」で言語が切り替えられるのだけど、このキーボードでそれをやると

f:id:dehjimarsan:20181220150746j:image

こんな画面に飛ぶ。

 

意識してないとついこの画面を出してしまって、一瞬ビビる(笑)

 

 

 

ちなみに文字入力の切り替えは、こちら

f:id:dehjimarsan:20181220150833j:image

 

地球儀みたいなマークを押す

 

f:id:dehjimarsan:20181220150926j:image

個人的にUSキーボードにしたのは、かな入力は使うことがないから。

タイ語も入力できる設定になってるみたいだけど。。。このキーボードではどこ押したら何が出てくるのかわからないから無理(笑)

 

そのうちタイにでも行った時にタイ語版のfolio探そう。。。

 

 

 

 

 

f:id:dehjimarsan:20181220151135j:image

iPad本体はこのミゾみたいなところに引っ掛ける事で固定される仕組み。

 

作業スペースや好みに合わせて二段階に調整できる模様(溝が二本あるでそ)。

 

この組み合わせのおかげで、慣れが必要とはいえ文字入力はiPhoneやiPad単体よりも格段にやりやすい。

 

 

まとめ。

iPad miniからiPad Pro12.9インチまで。

あらゆるニーズに合わせた選択肢が豊富にあるのは嬉しいことだと思う。

 

 

ぼくが今回このiPad Pro11インチ(セルラーモデル)を選んだ理由は

 

  • カーナビとして使えること
  • 旅先でブログや文章がかけること
  • 移動中のKIndle読むのに使うこと
  • iPhoneではそろそろ老眼が。。。(笑)

 

などいろいろあるのだけど、一番いいなと思うのは、やはり持ち運びに軽くて便利であること。

最近旅づいているので、いちいちMacBook Pro持って歩くのは正直つらい。

飛行機のキャビンラゲージにすると肩がちぎれる(笑)

保安検査の時に本体や充電器いちいち出すのもめんどくさい。

かといって預ける手荷物にはしたくない。

 

旅は身軽が一番!

 

 

 

そしてそう、充電器ね。

iPad ProのそれはUSBケーブル一本。

これも画期的。

うちの古いMacBook Proとかだと、充電器だけで結構な場所と重さになるから、持ち歩く際はやはりこの差も大きい。

それにUSBケーブルならAC電源のない車の中や飛行機の中でも簡単に充電できるので、いざというときにも心配はない。

 

 

もちろん作業能力的にはMacには及ばない部分も多数ある。

とはいえ、バッグにさくっと入れてどこでも使える手軽さはその能力差を埋めてもじゅうぶんお釣りがくると思う。

 

 

まさに、iPhoneとMacの間を埋めるニッチな存在。

出歩くことが多い人には俄然役に立つ頼もしい相棒となってくれると思う。

 

 

今回最後まで代替えのMacBook Proを買うかどうか悩んだけど。

まぁ。。。お値段倍ぐらい違うので今回はその予算を捻出できなかったという事情もあるのだけど。。。

 

結果、今のところAirDropとクラウドがある現在ならこれでほぼ日常のニーズの8割はカバーできるんじゃないかと思ってる。

ここらへんは人にもよると思うけどね。

 

万一、これで役不足なことが起きたらその時にMacBook Proを買うなり、考えればいいと思うし。

 

 

ついでに言うと。

 

iPhoneではそろそろ目が。。。。っていうぼくら世代の方も

iPad Proをさらりと使ってたらなんか仕事できる人に見えるかもしれない。

 

。。。。側から見ても、だれも本当の理由が「老眼」だとは思うまいよ(笑)

 

 

 

 

これは非常に面白いモノを手に入れたと思う。

オヌヌメです。

 

にふぇーでーびたん。

ガレージライフ紹介 2X4で部屋づくりのセルフビルド

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

 

 

今回は、今の工場に来た当初のお話を紹介しましょうね。

 

以前、水道づくりの模様はたしかこちらでも紹介していますが

 

ガレージライフ紹介。 そだ、水道を作ろう。

 

今日は部屋づくりの模様を。

 

とりあえず、部屋がほしい。

そのままだと、ギャランドゥがらんどうのただの箱の倉庫。
そこそこ広さもあるし、周囲を鉄板で囲まれてる上に床はコンクリなので冬場の底冷えも前の工房ほどではなく

 

思いの外に快適な場所なんですが。

 

 

なんというか

 

落ち着かない(笑)

 

だだっ広い空間でお昼食べるとかいうのもなんだかねぇ。

それに作業をするようになればホコリもたつ。

 

そうなるとやっぱ仮組み程度でも囲われた独立したスペースはあったほうがいいと思う。

 

 

 

ということで、工場の建屋の中に8畳ほどの部屋を作ることにしました。

 

部屋づくりスタート。

 

いちお工場の中は2階建てになっておりまして。

今回はこの南側の部分に部屋を作ることにしました。

 

南にしたのは言うまでもない、暖かいからです。

水道を南に設置したのと同じ理由です。

 

 

ということで、なにもない空間に板で仕切りを作って、部屋を建てます。

 

f:id:dehjimarsan:20180708044618j:plain

 

まず

床にマスキングテープで大まかな位置や寸法を書いておきます。

基本、2X4と9ミリの構造合板をパネル状に組み立て、それをつなげあわせていく設計。

f:id:dehjimarsan:20180708044724j:plain

こんなイメージ

f:id:dehjimarsan:20180708044754j:plain

 

それっぽくなってきました。

 

ただ。。。建物の天井自体が斜めなので真四角の板や木材では半端が出ます。

 

作るにあたってここは一番悩んだところです。

 

 

 

f:id:dehjimarsan:20180708044903j:plain

天井はたしか二部勾配だと思ったのですが。。。

屋根と接する部分は木材を勾配に合わせてカットしなくちゃいけません。

でないとうまいこと収まりません。

なので予め二部勾配の傾斜に合わせてカットした治具となる木を作っておきます。

そうすればあとはそれをあてがってけがいてやり、そのとおりに切れば簡単に同じ勾配が量産できます。

 

上の写真のツーバイ材の斜めの部分はそうやって量産しました。

 

 

プレカット工法?

この工場

二階部分は天井が低いので作業しづらいです。

 

 

なので、一階で作ったパネルを

f:id:dehjimarsan:20180708045113j:plain

 

ホイストで釣り上げて

f:id:dehjimarsan:20180708045212j:plain

組み立てていきます。

 

だんだん完成図が見えてきました。

f:id:dehjimarsan:20180708045400j:plain

ここは採光&風を通すことができるよう、窓が入ります。

 

 

屋根掛けと断熱。

屋根の骨がかかりました。

f:id:dehjimarsan:20180708045501j:plain

 

屋根材を断熱処理します。

室内につくる部屋なので、これといって防水を考える必要もないのは楽です。

持ち上げて組み立てることも考え、屋根をふくパネルは5ミリ厚のコンパネにしました。

9ミリや12ミリでは重くて。。。

f:id:dehjimarsan:20180708045803j:plain

表面は熱の反射を考えての、白色。

その白色自体は普通の水性ペンキなのですが。。。そこにNASAの断熱パウダーを混ぜ込みます。

 

本当にNASAかどうかは知りませんが(笑)

 

要は細かいビーズのようなつぶつぶが入っていて、それが空気の層を作ってくれる。。。ということらしいです。

効果は。。。。さすがNASA。

しっかり断熱してくれてます。

 

 

効果があるので、これはよんまるさんのルーフパネルにも表裏施工しました。

 

 

さらに、屋根からの熱を反射するために、アルミシートを張り込みます。

f:id:dehjimarsan:20180708045859j:plain

 

これは、タッカーでパネルに打ち付けるだけ。

 

 

 

屋根の外側が出来ました。

f:id:dehjimarsan:20180708045957j:plain

屋根には、スタイロフォームを入れてきます。

f:id:dehjimarsan:20180708050036j:plain

壁は、グラスウールを仕込みます。

f:id:dehjimarsan:20180708050110j:plain

こんだけやっておけば冬場マイナスがデフォルトの信州でもホット一息つけるスペースができそうです。

 

 

ちなみに

4年使っての感想ですが、夏も部屋の外と中では10度ほど気温差があります。

 

断熱材効果、ヤバイです。

 

 

床張り。

 

つづいて、床です。

f:id:dehjimarsan:20180708050327j:plain

 

床も下からの冷え込みを防ぐため、グラスウールを入れます。

なのでその分浮かすために、簡易的ではありますがツーバイでスペースを作っておきます。

 

 

断熱材を敷きながら、床板も貼ります。

f:id:dehjimarsan:20180708050357j:plain

 

床板、そして壁が入りました。

 

床板は12ミリの構造合板

壁は屋根と同じく5ミリのコンパネです。

強度要らない部分はなるべく軽くしたほうが作りやすいかなぁ。。。と。

 

f:id:dehjimarsan:20180708050420j:plain

コレでもすでに十分な感じです。

 

電気工事。

 

電気の配線もします。

f:id:dehjimarsan:20180708050507j:plain

冷蔵庫、Mac、電子レンジ

それと冬場の暖房をつなげるために多めにコンセントは設けました。

 

換気扇です

f:id:dehjimarsan:20180708050554j:plain

なくてもいいんだろうけど。。。たまたまもらい物が余ってたから(笑)

 

 

 

今回、この工事のために勉強しました

 

 

でも未だに電気は苦手です(笑)

 

 

ドア。

続いて、入り口のドアです

f:id:dehjimarsan:20180708050752j:plain

ドアは、同じように構造合板を裏表から張り合わせて作ってあります。

f:id:dehjimarsan:20180708050841j:plain

 

こんなかんじ?

f:id:dehjimarsan:20180708051046j:plain

 

 

窓とか室内とか。

 

窓枠&照明が入りました。

f:id:dehjimarsan:20180708051125j:plain

壁にも漆喰を塗ります。

無駄にこだわりの自然素材(笑)

 

 

ずいぶんと素敵なお部屋になりました。

 

 

窓は、引き戸などを作るのが手間だったので、片持のスイング方式にしてみました。

 

窓枠の片側に穴を開け、ホームセンターで売ってるダボを埋め込み、それを窓のフレーム(壁と接する部分)の穴に組み合わせます。

そうすればそこを軸に外にスイングするように窓は開閉できるようになります。

 

開けるときは部屋の中から押せば簡単に開く仕組み。

でも、閉めるときは。。。取っ手がないので面倒でも外から押してあげる必要がありますが(笑)

なぜそこケチったんだか、未だに自分が謎です。。。

 

 

証明はIKEAで売ってた安いやつです。

壁にビスで止めれる構造が良かったので。。。

 

 

部屋、完成。

f:id:dehjimarsan:20180708051516j:plain

神様&王様コーナーは欠かせません。

自宅にもちゃんとあります。

 

 

ちなみに、工場にもあります。

もっとでっかいやつ。

f:id:dehjimarsan:20180708051806j:plain

 

f:id:dehjimarsan:20180708051833j:plain

 

 

あとはいろいろ運び込んで完成。

f:id:dehjimarsan:20180708051923j:plain

 

f:id:dehjimarsan:20180708052302j:plain

引っ越し中でごちゃごちゃしてるけど、まぁ気にするな(笑)

 

f:id:dehjimarsan:20180708052129j:plain

 

寝るのはここ。

f:id:dehjimarsan:20180708052202j:plain

キャンプ用のベッドとトラック用のマットレス&寝袋の組み合わせ。

家のベッドよりよく寝れるんじゃないかな。。。(笑)

 

 

参考資料とか道具とか。

 

これまでまったく家を建てることは愚か

木材も切ったことのなかったねいさんが、ここまでのチャレンジをするきっかけになったのはこの本。

 

人がやってるのを見ると、なんでもやってみたくなる性分。

そして負けず嫌いなので。。。やり始めると止まらない(笑)

 

基本的な建物の建て方や工具の使い方が書いてあったので、理解できる範囲でまるまる真似してみました。

 

この本と出会ってなかったらたぶんこんな無謀なチャレンジしてなかったと思います(笑)

 

文字通りのズブの素人にはうってつけの教科書でしたね。

 

 

 

ちなみにこの本、続編がございまして

 

  

 

こちらもかなり参考にさせていただきました。

 

おかげで、いざとなりゃもう大工さんにでもなれる気がします(笑)

 

 

とはいえこれは建物の中の部屋なのでね

防水とか考えなくてよかったのは幸いでしたね。

 

基本、ドリフのセットのような感じで作れたし(ドリフのセットの実物見たことないけどさ(笑)

 

今思えば、全てとてもいい学び&経験ですた。

 

楽しみました。

 

 

シロウト的に、あってすごく便利だったもの。

真っ直ぐが大事な木の加工には必需品かと。。。

作業スピードも上がるしね。

これは買ってよかった道具でした。

 

その他

これも大活躍しました。

断熱材を木枠に打ち付けたり

屋根材にアルミシートを止めたり

 

エアがないと使えないのは難点ですが、ぱんぱんと力もいらずに止められるので投資する価値は十二分にあったと思います。

 

こういう良き道具に巡り会えたことも、今回思い切ってセルフビルドにチャレンジした大きな後押しとなっています。

 

まとめ。

 

ブログに書くとサラリと一ページだけど

ここまで来るのに半年ぐらいかかりました(笑)

4月からはじめて。。。9月頭まで。

我ながらよく一人でやったと思います。

細かい部分を見たら素人感満載ですが、4年たった今も部屋としてきちんと機能してくれているのでこれは大成功と言っていいんではないでしょうか。

 

 

あらゆることが初めての経験で正直辛かったですが

以前からぼんやりと持っていた「家を建ててみたい」っていう願望はコレで見事なまでに満たされてしまいました。

 

そして家を建ててる人ってすげーな。。。と身にしみて思いました。

 

 

 

予想以上に面白くて予想以上に成果が出た部屋づくり。

 

興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

案外ハマりますよ?

 

 

 

にふぇーでーびたん。

 

ガレージライフ紹介。 そだ、水道を作ろう。

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

 

 

さて

今日は工房の紹介。

水道工事編。

 

新天地、工場。

 

いろいろあって以前使っていた古民家の工房を出ることになり。

急遽探して&借りた工場。

 

だだっぴろい30坪ほどの物置兼作業スペース。

 

今年で4年が過ぎましたが

思えばここでいろんなもの作りました。

 

旧車とか

 

カギ棒とか

 

モデルガンとか

 

看板とか

 

いろんなもん塗ったり作ったりしましたね。

 

そして今はヨンマルさん。

 

 

いまでこそ工場らしくなってるけど。

元々はただのがらんどうの物置だったスペース。

そこに塗装ブースを作ったり、居室を作ったり。。。というところから始まったので、入居してはじめの半年は毎日が建築でした(笑)

 

そのころは会社に務めてたからね。

週末ごとに工場に来ては作り、また帰って。。。を繰り返してました。

 

 

よくやってたよなぁ。。。(笑)

 

 

そもそも水道が、ない。

 

広くて作業もはかどって素敵な工場なんだけど。

唯一問題なのは、水道。

。。。てゆうか初めは電気も来てなかった(笑)

 

電気はなんとかお願いして契約時に100V を引いてもらったのですが。(つまり動力とか引いてません。家庭用の100Vです)

 

水道は道路をほじくり返すので工事費が100万ぐらいかかるとのこと!

 

さすがにソレは無理だわ。。。ってことで、思案した末作った水道の出来上がるまで。

水源をどうするのか。

 

まず、水源はこれ。

f:id:dehjimarsan:20180601154730j:plain

よく農園とかに置いてあるタンク。
とりまえず、イメージとお値段で200Lのを用意。

あまり大きすぎても床抜けそうだし(笑)
小さすぎても困る。

 

当初はポリタンで何個か家から持ってくればいいかなぁ。。。とも思ったのだけど

それだと洗車や掃除するにはやっぱり少ない。

 

 

ということで、このチョイス。

 

 

ただ、タンクだけあってもただの水入れでしかない。

理想は家と同じように蛇口を捻って水を出せる環境だ。

 

そのためにはタンクの出口に水道管を繋げられるようにすることがまず必須。

 

このジョイントをつなげて、ボールバルブを間に入れる。

 

これで、水道の取り出し口ができると共に、ボールバルブが元栓がわりに。

 

長期留守にする時や、万一破損時のメンテナンスなんかも考えて一旦元栓で閉じられる安心構造。

 

 

冬場の凍結対策。

 

長野は寒冷地。

 

元栓の部分に安いからと黄銅のバルブを使っていたら、一年目の冬に見事凍結で破裂

見にくいかもだけど、まんなかへんのシルバーの部分、いわゆるバルブになるところが裂け、おまけに周囲の金色の部分まで破壊してる。。。

恐るべし氷の力。

 

凍結での膨張を考えていつもタンクは満タンにせずにおいたのに。。。バルブが破裂とは。

 

冬を甘くみてましたね(笑)

 

なので対策としては、バルブ自体をステンレス製に交換。

これは高かったけど。。。未だに破裂知らずです。

 

もちろん、これに加えて水道管全体には保温用のスポンジと凍結防止帯を巻いています。

 

凍結防止帯。

寒冷地以外ではお目にかからないものかと思いますが、長野とか氷点下が日常な地域では冬の必須アイテムです。

 

仕組みとしては、コンセントに繋いだ電熱線で凍結を防ぐというもの。

 

 

 

ですが

 

こんなもん冬の間ずっとつけといたら電気代が空恐ろしいことになります(笑)

それに万一火事になっても嫌ですしね。。。

 

 

ということで、コンセントと凍結防止帯の間にサーモセンサを入れます。

温度を感知して電源のON-OFFを勝手にやってくれる画期的な装置!

 

案外本体のお値段貼りますが。。。すぐもとは取れます。

 

これだと気温が凍結温度になると自動で電源が入り、再び気温が上がると電源が切れるので、夏場と電気代が殆ど変わりません。

これは助かります。

 

 

考えた人マジ天才。

 

 

自重落下式水道。

 

さて

水道のしくみの話を忘れてましたね(笑)

 

蛇口をひねれば普通に水が出る仕組みを作りたい。

 

 

初めは電動ポンプなんかを使う方式を考えました。

 

ただ、それだとコストも掛かる。

ポンプの掃除やメンテナンスもめんどくさい。。。

 

そういえば、家の工場は2階建てでした。

 

ならば。。。高いところにタンクを設置して自重で水が流れてくる仕組みにしたらどうだろう?

 

例えば点滴みたいなイメージです。

要は重力を使った水道です。

f:id:dehjimarsan:20180601160316j:plain

配管イメージ。

二階のフロアにあるタンクから、このグレーのパイプを通って水が流れ落ちてきます。

 

斜めにしたのは、邪魔にならないようとなるべく水の勢いをそがないため。

直角&直角で取り回すより斜めのほうが水の流れるスピードが落ちないんではないか。。。と思ったためです。

さらに、管の内径を徐々に細くすることで、流れの勢いの確保を狙ってみます。

 

この試みが成功したのかどうかは知りませんが、水は普通の水道と変わらぬ勢いで流れてくれてます。

 

パイプの径を順番に絞るのには、最後は蛇口をつけるのでそのサイズに合わせるという目的もあります。

f:id:dehjimarsan:20180601160437j:plain

VP管の周りにはしっかり保温スポンジが巻かれています。

もちろん中には凍結防止帯を仕込み済み。

蛇口の際までしっかり入っていますので凍結することはありません。

 

f:id:dehjimarsan:20180601160622j:plain

これで蛇口をひねれば普通の水道のように水が勢いよく出てきます。

 

洗車も掃除も水研ぎも。。。あらゆる事が可能です。

シンクも置いてあるので使い勝手は普通の水道とほぼ変わりありません。

 

 

ちなみに

タンクの中の水は自宅から定期的にポリタンクに詰めて運びいれています。

雨水利用も考えたのですが。。。仕組みが大掛かりなのと、安定した供給が望めないのと、衛生的な部分から気が引けて、断念しました。

 

排水は、シンクのホースから外の下水管に伝ってながれます。

 

 

この仕組の残念なところ。

 

残念なのは2つ。

タンクに水を貯める方式なので、外部からの定期的な給水が必要だということ。

それと、汲み置きの水なので水自体ががフレッシュではなく、飲水にはできないということです。

 

タンクへの給水は先程も書いたように、都度ポリタンクで自宅から運び込む必要があります。

まぁ手間ですけどこれは仕方ありません。

そもそも水道がない場所なんですから(笑)

 

飲む水に関しては、箱で買ってストックしています。

特にこれからの時期、水は大事ですからね。。。

 

コスパいいので、うちで頼むのはこれ。

飲みやすいしね。

 

 

これに関しては最近流行りのウォーターサーバーを導入するのもありかな。。。と思ってます。

 

ただ。。。残念なことに、今日現在工場のある地域では水を配達してくれる業者さんがありません(笑)

 

まとめ。

 

手が洗える水道がほしい!と思ってから形にするまで、やはり3ヶ月ぐらいかかりました。

仕組みを考えたり、材料を探しにホームセンターうろついたりする時間が長かったと思います。

 

水道管なんてそれまで触ったこともなかったのであんなにも色んな種類があるということにまず圧倒されましたね(笑)

 

同じ水道管でも、凍結対策された素材があるというのも初めて知りました。

 

ホームセンターの人にはかなりお世話になってと思います(笑)

 

 

斜めに配管するというアイディアはいまだに我ながら良かったと思ってます。

なにより邪魔になりません。

また、この方式だと電動ポンプなどのコストを省くこともできる上に、水の勢いも思いの外確保できたので、もしかしたら今回の製作ではこれが一番良いアイディアだったかも知れないと自分では思っています。

自重落下式水道なら、二階がなくても例えば部品ラックの上にタンクを置くとか、ちょっとした高低差を利用すればある程度の勢いのある水道も作れると思うので、それぞれの環境に合わせた製作もできルノではないかと思います。

 

 

タンク容量200リットルについては。。。必要にして十分だな、と思います。

洗車したいとかないのであれば、もっとコンパクトな容量でもいいのかもしれません。

 

寒冷地の凍結についても、自分で経験するのは初めてだったので良い学びになりました。

 

いろいろと苦労もありましたが、おかげで手洗いから洗車まで、普通に使える水道を作ることができました。

 

 

自分的には結構大掛かりな工作になってしまいましたが、この製作を通して水ってすごく大事なんだなぁ。。。っていうことを改めて思い知らされた出来事でもありました。

 

結果としては、非常に面白かったです。

 

今まで満足に使えていますし、とても良きセルフビルド経験でした。

 

 

にふぇーでーびたん。