IPFのLEDヘッドライトを入れてみた 【しぶろくさん再生日記】

さて

無事に公道復帰を果たしたしぶろくさん。

先日はさっそく試乗を兼ねて関東まで行ってまいりました。

 

 

そして

でかけてみて思ったのは、田舎の夜道にはやっぱLEDがほしい。。。

 

ということで今回はヨンマルにもLED付けましたよのお話。

 

 

IPF 141HLB2 がすごい。

実はこれ、他の人がトラックにつけているのがあまりにも調子良かったので真似してみました。

 

そう、ヨンマルは24Vなのでバルブも24V対応のものでないとつきません。

選択肢は狭まります。。。

 

 

取り付け10分。

純正バルブとの比較。

今回買ったモデルはユニットが別体になっているため、バルブの後ろにスペースがない車でも付けやすいというもの。

他に、ユニット一体型の簡単取り付けモデルもあるんですが、そちらのほうが若干お値段が高い模様。

 

取り付けは簡単です。

元々ついている電球を外し

説明書通りにLEDを入れて、元の配線につなぐだけ。

こんな感じで片側5分もあればきれいに収まります。

 

別体のユニットは、ぶらーんとさせとくのも嫌なのでタイラップで近くのあいてるネジ穴なんかに縛って固定しときます。

小さなことですが、タイラップ留めできる穴がユニットに付いているのが親切な設計だなぁ。。。さすが国産だなあ。。。と思います。

 

さすが!国産の実力。

試しにつけてみました。

こんな感じ。

 

キャリィにつけたのより光量が多い気がします。

事実、走るとその差は歴然でした。

 

ちょっと光軸が高い気もするのでこのあと手直ししました。

 

さて

気になる実力ですが

結論から言うと、やはり伊達にお金はとってません。

まずは光量の差。

明らかに海外製のLEDバルブよりも明るいです。
そしてカットラインもきれいにスパッと出ます。

海外製品だとそのへんが曖昧なのが多いのでここはやっぱり国産メーカーの実力なんだなぁ。。。と思いました。

これなら車検そのまま通るかもしれません(事実トラックでは通ってるみたいなので)。

 

最近は海外製の安価なものでも高性能な物が増えてきて、まさに選び放題なLEDバルブ。
そんな中で、お値段は張りますがポン付けでいきなり発揮されるその実力と、後々のサポートも考えたらこれはお値段以上の価値があるんじゃないかなぁ。。。と思います。

とくに、24V用が少ない中での限られた選択肢では余計に安いものを買うよりいいような気もします。

ちょっとお小遣い貯めないと厳しいお値段ではありますが。。。それに見合った以上の快適さと安全を提供してくれると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です