旅Tube,作りたいなぁ。。。とか。

まいどどーも。

自動車。。。飽きたので、旅だw

車作業の投稿にも飽きたっていうか。

 

そもそも車作業が飽きてしまったのでw

家でこないだのバックパック旅のYouTube作ってました。

 

なんとなく。。。バックパッキングで来てくださる外国の方向けを意識してみました。

 

このブログの「旅する惑星」シリーズのように気ままに足二本とお財布一個でふらつくような。。。そんな旅の提案をしてみたくて。

 

療養中。

実は今週は自宅療養中。

年だよねぇ。。。まったく。

 

よんまるの作業は一向に進んでいないので夏またぐんじゃないでしょうかww

 

ま、いっか。

 

最近夢中なもの。

アフリカーンス語に興味津々。

 

ちょっと前に南部アフリカの歴史動画見てたら、喋ってる言葉が英語とはだいぶ違ってそれが結構おどろきだったんだよね。

で、調べたらアフリカーンス語が公用語だって。。。

 

聴いた感じ、英語にドイツ語とかオランダ語混ぜたような感じだなぁ。。と。

 

面白いので今日は朝からかじりつきで見てますが、さっそくついていけてませんw

 

 

 

夢中になれるものが見つかってよかたです。

 

 

 

 

じゃ、またね。

カート・コバーンとか 「自死」について。

いきなり今日はずいぶんと重たい内容です。

 

カート・コバーンで引っかかって来られた方。
NIRVANAの話やカート・コバーン自身の話はほとんど出てきません。
すみません。

 

ただ、タイトルがいきなり自死についてじゃあ重いから。。。っていう理由と、個人的になんとなく印象的な最期を迎えた方だったので引用させていただいたまでです。

 

でもせっかくだからNIRVANA。

 

いきなり自死というテーマに触れるのも勇気がいるので。。。

NIRVANAについて。

ご存じない方はこちら

 

この曲なら知らない人でも一回ぐらいは聴いたことがあると思います。

英語何言ってっかわかんねー、でもかっくいー

ぐらいの気持ちで聞いて育った人も多いんじゃないでせうか。

 

。。。ぼくもそうでしたけど

 

多感な時期にこういう音楽に触れて、そして彼の死を知るっていうことは思いの外強烈なインパクトを人生に残します。

 

壮絶な、カート・コバーンの一生。

なぜかミュージシャンって壮絶な人生の人多いですよね。

彼に限らず。

不遇な子供時代とドラッグとメチャクチャな人間関係。。。

 

まぁそれがロックだぜ、っていう人もいるかも知れませんけど。

一般的と言われる、世の中の多くの人のもつ価値観からはとんでもなくずれてますよね。

 

カート・コバーン自身もそんな波乱な一生を激しい自己表現とともに走り抜けた人です。

突っ走った挙げ句に自ら鉄砲くわえて命をたってしまう。。。という結末は誰も真似できるものでもないし、受け入れがたいものではありますが。

でもだれもそんな生き方を非難することはできないよなぁ。。。とも思います。

結局、この人の最後の気持ちなんてこの人にしかわかりません。

たとえドラッグが誘発した結果だったとしても、そこに至るまでの気持ちはやっぱ本人しか知りえないことです。

 

だからそれに対しては否定も肯定もできないな。。。と思っています。

 

 

唯一できるのは、ただあるがままそれを現実として受け止める、ということでしょうか。

 

誰でも人は死ぬ。

 

人の死、というのはあまりに重いテーマなのでタブー視されがちですが

人間生きている以上一度は死にます。

それが病気であれ事故であれ、はたまた自然死であれ自死であれ。

誰もが通る道。

 

だからこそ、逆にもっと自死について真剣に色んな角度から考えてみることも必要なんじゃないか。。。。と思ったのでこんな記事を書いてる次第です。

 

「自死」は権利なのか罪なのか。

「自死」

いわゆる自ら命を立つことについては今日までいろんな議論がかわされています。

たとえば「安楽死」についての議論から一般的な自殺まで。

 

日本ではあまり実感ないかもしれませんが、キリスト教などの宗教的な感覚が人々の感覚にしみついている国などでは自死は罪(法的な物というよりも宗教的な意味において)であると考えられてることが多いです。

聖書的には自ら命を断てば地獄行きです。。。(それもひでぇ話ですが)

もちろん、それ以外にも残された人が悲しむなど、感情的な問題などから自死は「良くないもの」とされるのが一般的だと思います。

 

余談ですが

日本独特だなぁ。。。といつも思うのは「責任を取る」といって自死を選ばれる方がかつては多かった。。。ということです。

これは切腹とかそういう過去の風習に端を発するのかもしれません。

ただ、これに対してぼく的にはむしろ自分が死んじまったら責任取れねーんじゃねーのか?
。。。と思ったりもします。

まぁ、己の命を差し出すほどことを重大に捉えていますよ、っていう意味なのかもしれませんけどね。

責任を取るならむしろ生きて社会奉仕活動でもしたほうが意味があるんじゃないのかなぁ。。。と個人的には思います。

 

でもそれも本人のその時の気持ちにならないとわからないことですから、ジャッジはできないですね。

 

 

 

一方で

いわゆる安楽死など、自ら命を終わらせることを一つの「命の選択」とする考え方もあります。

 

人の尊厳とか、医療の役割とか。。。話が無限に広がるので今はこのテーマには触れないでおきますが。

これもとても難しい話で。。。一夜にして結論が出るものでもないですし、安易にここでその正否を論ずることもできない規模の話です。

 

やはり、人と死の問題は人生の不可避なテーマであるが故に簡単に答えは出ないのだと思います。

 

ただ、そういった議論はあらゆる人生の可能性を探る。。。という意味では有意義なことなんじゃないかと思います。

自死という選択を一方的に否定する、あるいは肯定する。。。というわけではなく、それ自体にきちんと目を向けて、様々な角度から冷静な議論を交わすという点において。

 

また

安楽死の問題も含め、自死の問題を議論する際に結局は「残る側の人」からみてどうなのか。。。っていうことは活発に語れても「去る側の人」の意見はなかなか語りえない、という問題もあるかと思います。

カート・コバーンではないですけど、実際にその立場になってみないと結局はわからないことですからね。

 

 

だからあえて今日こんなこと書いてる。。。てのもあるんだと思います。

 

 

。。。もうカート・コバーンもNIRVANAも関係ありませんが(笑)

 

自ら命を終わらせるという状況。

ここからはちょっとリアルで重い話なので、苦手な方は次の段落まですっとばすか、ここでページを閉じましょう。

 

ただ

こんだけ自死の話を偉そうに語ってるには理由があって。

 

 

ジャッジや議論する前に

 

「じゃあ自ら死を選ぶときの気持ちってなんなのか。。。。」

 

 

っていうことに一度フォーカスしてみる、ということを再度考えてみたかったからです。

 

 

 

まぁ正直に言うと、自分がかつてそういう選択を何度か選んだ事があるので書いてるわけです。

 

これは文字だけであーだこーだ言ってる話じゃなくて

自分のリアルな経験をもとに再度この「自死」ということについて考え直してみよう。。。という話なわけです。

 

 

細かくはかけませんが。

 

服薬で一回。

縊頸で一回。

 

いずれも死にかけたくせに、何故か生き返って今こうしてブログを書いています。。。

 

 

断っておきますが、こんな経験は決して自慢できることじゃないです。

自慢する気もありません。

そして無論、誰にも勧める気もありません。

 

 

 

ただ。。。唯一その時の気持ちだけはわかるつもりではいます。

 

 

 

悩み、考え抜いた挙げ句に最後にのこった選択が「死」しかないように思えた。。。

 

という状況は、生きている以上どんな人にも起こり得ることかもしれません。

 

たとえば問題が自分のキャパを超え、あまりにも大きく重くとうてい手に負えない。。。もう詰んだ。。。と感じたときなど。

強制終了してしまうしかない。。。と思う可能性もなくはないわけです。

 

 

生きるよりも死ぬほうが希望に見える時が人生に訪れないとは決して言い切れません。

。。。誰にでも。

 

だから

自分には関係ない!とか

そんなの、だらしないだけだ。。。とか思わずに、自分自身の問題として考えてみるというのも人生では大切なことかな。。。と思うわけです。

繰り返して言いますけど、決して自死を肯定するわけでも否定するわけでも、はたまた勧めているわけでもなければ自慢しているわけでもありません。

 

そう言うところを経験したからこそ、真面目に考えてみたいな。。。ということです。

 

結局、自死ってなんなのか。

自ら命を終えるという選択に対して、一方的にジャッジすることはできないな。。。というのが今の正直な気持ちです。

 

悩んだ挙げ句に導き出された選択ならば仕方ないのかな。。。といった諦めのような気持ちも正直あります。

 

 

センシティブな話をしているのを承知で書いていますが

 

物事って木みたいなもので

こちら側から見るのとあちら側から見るのでは見え方が全然違ったりするわけです。

 

自ら命の活動を終わりにする、という問題もこれと同じで。

肯定否定両方の意見があっていいのではないか。。。と今は思っています。

 

極論で一方的かもですが、死ぬ方の気持ちなんてその立場になってみなきゃわかんない訳です。

いくら周りが何を言ったって、一番しんどいのは死を選んだ本人です。

それしかもう扉がない。。。という状況にまで追い込まれてるわけですからね。

精神的なものにしても、肉体的なものや経済的なものにしても。

そういう状況、他人がやすやすと想像して同調できるなら自殺がこの世から無くなってるか、あるいは自殺があたりまえかのどちらかな世界になってるかだと思います。

 

それぐらい、わかっているようで人の気持ちはわからない。。。ということです。

 

 

 

実は親しい友人を自死で亡くしたこともあります。

 

そのときは、一体どんな思いでそこに至ったのだろう。。。とあれこれ思い巡らせてみましたが、残念ながら到底自分にはわかりませんでした。

なんとなくわかるな。。。ああ、そうだよね。。。

ぐらいには思えても、本人のその時の気持ちなんてどうやったって他人にはわからないものなんだなぁ。。。という無力感とともに泣きました。

 

結局。。。と言ってしまっては身もふたもないですが。

はたから見たらどうでもいいようなことだとしても、本人にとっては自らの存在の是非を問うまでの問題であったりもするわけです。

 

その、スイッチを押すか押さないかのギリギリのはざまを散々悩んで苦しんで自分でもがいて出た結論が、自ら終りを迎える。。。というのなら、一体周りはそれに対して常識や感情論、まして宗教規範などを持ち出してジャッジするというのは妥当なのか。。。。

自死の正否を問う前に一体自分にはどれだけその「自死を選ばざるを得なかった人」の気持ちに寄り添えるのか。。。

 

 

自分で何度か死のうとしといて言うのもなんですが。

 

とても考えてしまいます。

 

 

 

こうやって書くと、まるで自死を肯定しているかのように思われるかもしれませんが、そんな事は決してありません

 

繰り返しになりますが、ぼくはその正否に対しては今はなんとも言い切れないな。。。というのが正直なところです。

否定も肯定もできません。

 

 

いや、むしろ正しいか否か。。。という種類の議論ではないかもしれません。

だからこの問題についてはジャッジするのではなく、残る側の気持ちとともに、去る側もどうしてそう選択せざるを得なかったのか。。。を改めて考えてみるという作業をしてみたかったわけです。

 

 

 

人の死。。。というのはあまりに重くて辛いものなので、普段あまりフォーカスされることがないテーマでもあります。(一部、宗教的なものや慣習などから死にたいする抵抗があまりない世界もあります。。。。少数ではありますが)

 

それが「自死」ともなればなおのこと。

 

決して安易な気持ちで語れるテーマではありませんが。

人が死ぬ。。。ということは絶対避けては通れないことです。

 

だからこそ、一度ぐらい真剣に向き合うことも必要なテーマんじゃないかな。。。。と。

 

 

結局結論は出せないままですが。。。

 

カート・コバーンの気持ちもわかんなくないかなぁ。。。というところです。

 

アドラーではこんがらかってしまったぼくが、ちょっとヒントを貰った一冊。

 

アドラーも、何度か読んだらそれなりに人生を切り開くヒントにはなりうるかも。

 

ゴールデンウイーク真っ最中。さすらってみたり、YouTubeあげたり。

どうもまいど。

ゴールデンウイーク真っ最中昨今。みなさまいかがお過ごしでせうか。

 

 

とりまえず、さすらう。

一人で工場にいるのも最近飽きたので、数日間さすらってきました。

 

とりたててどこに向かうなどは決めずに、テキトーに。

ゴールデンウイーク前半は天気が悪かったせいかそんなに人でいっぱい。。。ってほどでもなかったです。

まぁ行く場所にもよるんでしょうけど。

 

 

やっぱり思いついた時にふらっと旅に出れるっていうのは、ぼくの人生にとっては大事です。

人って一つ所にこもっていると、いつしか世界が広かったことを忘れてしまったり、自分の知っていることだけで物事を判断しようとしてしまいがちなので。

時々無理矢理でも旅に出たり知らない場所を訪れるのはいい学びとリセットになります。

旅もいろんなスタイルがあるので。。。多くの人にいろんな旅の楽しさを伝えられたらいいなぁ。。。と思う今日この頃。

 

連休後半は、YouTube。

工場には帰らずに、久しぶりに自宅へ戻ってきて。

ずっとサボってたYouTubeに動画を上げました。

忘備録にとっていた写真をただ並べただけですが。。。

 

 

今思えばまぁよくもこんなことやったもんです。。。

我ながら感心しますw

 

シメはやっぱり。

時々食べたくなる、こうゆうもの。

逆に最近甘いケーキとかパフェとかを受け付けない体になってしまいましたw

塩っ辛いものと酒。。。というおっさんのような食生活ww

まぁ

それも肉体のあるうちだけの楽しみってことで。

 

ちなみにぼくは一人で静かにのんびり飲むのが好きなタイプです。

スムースジャズとかかけながら、歴史なんかの動画見ながら朝までさんぴん茶割り。。。そんなスタイルがリラックスできるのでいいんですw

 

連休後半、みなさまもステキな時間をお過ごしください。

 

 

 

にふぇーでーびたん。

 

新宿二丁目は学びが多くて楽しいぞ、っていうお話。

どうもまいど。

お久しぶりでござる。

こぶたやさんやいびーん。

 

最近、ハマってること。

ここ最近、自分がけっこう飲める口だというのに気づいた。

家。。。というか事務所で寝てるんだけど、毎晩なにかとちびちび飲んでいる。

夜はまだまだ寒いからあちこーこーのさんぴん茶割をちびちびいきながら、動画を見るのが楽しみになってる。

YouTubeなんだけど、ポルトガル革命の話からモザンビークの独立の話につながり、そっから南アフリカの歴史や植民地時代の話、イアンスミスとかローデシアの話に繋がり。。。っていう風になんかしらんけど南部のアフリカの歴史系にこないだまではハマってた。

いろんな世界のことが知れて動画は面白い。

一回南アも行きたいなぁ。。。と思うけどフライト時間が長すぎて腰椎痛めてる身としては辛い。
今じゃ3時間運転するのも辛いからな。。。

なんか自分の体の衰えが身に染みてわかる今日この頃w

 

 

ということで、最近ハマってるのはこれ

。。。今更だけどw

 

二丁目はたのしいぞ。

最近、関東に上がるたびに二丁目に行く。

 

新宿二丁目。

日本随一のゲイタウンというイメージのこの場所も、最近はいろんなお店があるみたい。

場所柄、お店はメンズオンリーとか、レディースオンリーとか、はたまただれでもOKとかいろいろあるんだけど。

ぼくが行くのはもっぱらビアンバーなので基本レディースオンリー。

別に何があるってわけでもなく、一人でふらっといって、カウンターでちびちびやりながら初めましての人やお店の人といろんな話をするのが面白い。

人と話をすると自分の知らない世界のことが知れるので楽しいのだ。

二丁目のお店は比較的 安く飲めるお店が多いせいか、若い子も多い。

若い世代の意見は切り口がストレートでとっても勉強になるのでこれも面白いなぁ。。。と思って行くようになった理由の一つ。

 

あとは、ぼくは一人で静かにまったり飲むのが好きな方なので、こじんまりしたお店で数人でのんびりのみながらゆんたく。。。というスタイルが心地よくて行くのかも知れないね。

 

おなべバー。

なんか二丁目話を引っ張るけど。

初めておなべバーに行ってみた。

 

モックさん

 

二丁目に行ったことないから行ってみたい! っていう知り合いの方のリクエストで行ったんだけど。

これがまた面白かった。

スタッフさんに沖縄の子がいて、沖縄のローカルスーパーやの食べ物話で盛り上がってたのもそうなんだけど(笑)

彼らの知見の広さっていうか、知識量の多さに正直びっくりさせられました。

だからそんな人たちとお話できてとっても自分の価値観とか世界が一晩にして広がったなぁ。。。と思わされてとてもいい時間を過ごせました。

 

やっぱいろんな人と接してるからなのか、ほんといろんなこと知っててそして大人。

小さな世界にこもってちゃもったいないなぁ。。。と思わされたし、自分が今どんだけ後退して自分から可能性を殺してしまっているか。。。ってことにも気づかされました。

 

まとめ。

なんだか今回は二丁目の話で長くなってしまったけど。

 

新宿二丁目っていうと、ゲイタウンだしあまり近づきにくいイメージもあるかもしれないけど。

最近は観光客の人やノンケ(同性に興味がない人)の人とかも多く飲みにきているのでそんなに敷居は高くはないと思う。

たしかに、一部会員制だったり、ドアを開けた瞬間にお断りされるようなとこもあるけど。(たとえばゲイオンリーのお店に女の人が行っちゃうとか、その逆とかね)

最近は知名度が上がってきたおかげで誰でも入れるお店も多いし。

観光の人向けにやってるお店もあるので、ノンケの人でもあまり抵抗なくいけるんじゃないかと思う。

ネットにHP持ってるお店もたくさんあるので調べてから行くのも手かもしれないね。

 

二丁目だからといって構えて行く必要もないし。

逆に、初めてなんですって言うと歓迎してくれたり、二丁目のこと教えてもらえたりするので初めてでも気張らずにいけるんじゃないかなぁ。。と思う。

個人的には、会社の飲み会で連れてかれたような街のスナックやお店よりもずっとフレンドリーで気軽に飲めるんじゃないかなぁって気もするし。

 

 

まぁ

そこはぼくが「ぼく」とか言ってるように自身がLGBTQなせいもあるんだろうけど。(お互い初見でわかるからw)
だとしてもみんな明るくフレンドリーな人が多いと思う。

 

そして、やっぱりいろいろな人生を経験したりみている人たちなので、そう言う人たちと話すのは自身の知古が広がるので楽しい。

 

護得久栄昇先生の歌で

「スナックは人生勉強なんだよ。だからそこで使うお金は授業料だね」

って言う語りの部分があったけど

ほんとそうだなぁ。。。と思わされる場所かもしんない。

 

いかに自分が普段狭い世界で天狗になっていたかを思い知らされる場所でもあるけど(笑)、それはそれで自分の学びだなぁ。。と思うし。

これからを生きるヒントになる話も聞けるチャンスだと思うので今後も行くんじゃないかと思う。

 

まぁ

単にいつも工場で篭って自動車ばっかいじってるから人と接する機会に飢えているだけ。。。ってのもあるかもしんないけど(笑)

それにしても、違う業界の人と沢山あって話すってののは大事。

ゆんたくは学びのチャンスです。

人生で一度は訪ねてみていい場所だと思います。

 

個人的には、地方在住のセクシュアルマイノリティの方には是非いってみてほしい場所かなと思います。

 

落ち着きます(笑)

 

普段自分たちと同じ世界の人に会えない人は特に。

 

一人で悩んでいる子がいたら、是非一度足を運んでみてほしい。

さすがに未成年の方にはオススメしませんが、お酒が飲めない方でも楽しめますし。

例えば今後の人生や自身のセクシュアリティについての悩みを持っているなら、先輩が沢山いるのでいろんなアドバイスをいただけることでしょう。

一人で抱えずにまずはゆんたく!

人生変わりますよ。

 

 

とういうことで。

セクマイにもそうでない人にも、全ての人にオススメな新宿二丁目は人生の学びの詰まった場所だったよ。。。って言うお話でした。

 

 

またやーさい。

 

いっぺーにふぇーでーびたん。

 

 

最近のあれこれ。

どうも。

 

ヨンマルミーティングイーストは6月の8,9だそうです。

 

間に合う気がしませんwww

 

こまったな。

腱鞘炎とかばね指とか。

鈑金制作のときに引き続き。

手が痛みだしました。

 

バリ島のダンスのようなかんじでそりくりかえって曲がらなかったのですが

無理して曲げてたらこんどは曲げるも伸ばすも言うこと効かなくなりましたw

毎日モーラスとテーピングでなんとかしてますが。。。
それだと根本的にはどうにもならないような。。。

休日初日。髪を切ってリフレッシュ。

なので、今週末はお休みを頂いておりまして。。。

まずは、いい加減伸びてきた髪を切りに行きました。

美容院で出してくれるレーコのコップが琉球グラスでうれしくなりました。

 

前回いったのが確か2月。

冬寒いんで、ちょっと伸ばしときます。。とか言ってたけど伸びるのやっぱ早いみたいで、もうなんかボブみたいな感じになってしまってまして。

これはこれでいいかなぁ。。とかも思うんですが。

実際工場で作業してると耳にかかるとか、頬に当たるとかがうざくてたまらないので、やはりここは前回同様、耳もくっきり表に出してベリーベリーショートに。。

ブリーチも4回目でほぼ色も抜けて気に入っているので、今回も懲りずにブリーチ。

実はこのスタイル、嫌いじゃないです。

完全にメンズスタイルなところも今のぼくにはちょっと嬉しいかな。

連休二日目は、朝まで飲む@新宿二丁目。

自宅にいたんですけど暇すぎて。

夜中に思いついて二丁目までタクシーかっ飛ばしていってきました。

 

ちょうど新歓の季節&週末ということもあって混んでましたねー。道も店も。

一人だし時間も遅いので、落ち着いた店でのんびりとのんでました。

 

 

長野って、そういう人いない。

だからたまにはこういうとこ来ると安心するんだ。

 

気が楽だよね。ホッとする。

 

そして二丁目って安いんだ。

朝までたっぷり飲んでも数千円。

 

普段田舎にこもって誰とも口を利かないぼくにはいい時間でした(笑)

やっぱ人(話の合う人ね)の中に出てかないとだめだな。。。

 

 

飲んだ痕の牛丼は格別&定番。

 

 

ヒプノセラピーに行く。

次の日はヒプノセラピーに行く。

これは数ヶ月前から継続しているもの。

 

 

自分の中で引っかかってるのも。

いろんな見たくないものをまた知ってしまったけど。

 

正直セラピーの当日&次の日はつらくて何も書きたくない。

いろいろ自分の中で蓋をしていたものが出てきたり、反動が起きたりするものなんだそうな。

逆に言ったら普段そんだけ無理してんのかな?
実感ないけどな。

 

今回は突然熱までだして寝込んだw

なので、予定では昨日から工場にこもる予定だったけど、今日まで休み。

 

たぶん体が休ませろってストライキ起こしたんだと思う。

手も痛いままだしなw

作業の模様

てことで

くだらないこと書いても仕方ないので、先週の作業の模様。

 

エンジンはきれいに洗う

 

交換できるものは交換して

多少は黒煙も減って環境にもやさしくなるかね?

わからんけど。

 

結局フライホイールはうちのインパクトでは動かず

中のオイルシールは替えられずじまい。

 

まぁいいや。

 

 

 

 

 

 

最近のあれこれ。水星逆行から春分エネルギーに。

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

 

午後より雪予報な工場@信州です。

 

どーりで寒いわけだ、今日。。。

 

飽きたわけじゃない。

最近ブログ書いてませんが(笑)

 

飽きたわけではなく。

なんかわちゃわちゃとしてるだけです。

 

細かいことで忙しい。

 

作業終わって掃除して。。。ってやるともう夜10時とか11時。

そこからブログ書く気力もなく。。。(笑)

 

とりま今日は日曜なのでのんびりと。

 

水星逆行から春分エネルギーに。。。3月も後半。

気がつきゃ3月も半分が過ぎ。

ぼくももうじき歳をとりますwww

 

 

この一ヶ月のエネルギーや現実の変化は結構なものがありました。

現実的には

人間関係の修復や破壊、仕事やお金の環境の変化。。。。など。

 

さすがは水星逆行。。。というぐらいの見直しや落ち込みもきましたけど、まぁなんとか酒とクスリで乗り切りましたww

 

。。。ぢゃなくて。

なんか淀んでたものが一気に無理やり吐き出させられてケツひっぱたかれながら走らされてる感じですw

 

これからどうなるのか、楽しみです。

アカシックとかヒーリングとか。

話は飛ぶのだけど。

そんなエネルギーの変化真っ最中のせい&最近の忙しさのせいもあって、肉亭疲労がたまらない感じだったここ最近のぼく。

主に左半身を中心とした痛みや関節の不具合、果ては怪我まで。。。

このままではぼく死ぬ。。w と思ってたところで出会ったヒーラーの先生。

https://ameblo.jp/pramemary/

 

これが効いたみたいで。

真皮までえぐった怪我の治りが前回より断然早い。

 

ヒーリングなんて眉唾と思うかもしれないけど。

確実に体は動くようになったのでまたお願いしたいと思ってる。

 

ちなみにこの先生、アカシックリーディングもやってらっしゃる。

 

この件もまとめて別記事で描こうと思う。

来週体験会を開催されるようなので、興味のあるかたはブログをチェック!

 

もっかいはっとくね

 

https://ameblo.jp/pramemary/

 

ツインなんちゃらとか。

なんかしらん。

最近。。。そういう人増えましたね。

ツインと出会いました!。。。みたいのとか。

 

そんな話に縁のない人までがツインツイン言うようになったから戸惑いますw

 

ぼくには関係のない話ですが。。。w

 

それだけ今世の中っていうか、宇宙全体ですが、動いているってことです。

 

 

 

あらゆる魂がそれぞれの本来の道にセットされた。。。

そんな時期なんでしょう。

 

だからみんな自分が設定した道を歩いていく。

だから魂の目標が同じもの同士が出会う。

 

ライスワーク。。。を卒業してライフワーク。。。からのそろそろソウルワークに入る魂が多いんでしょうね。

 

ツイン、って別に恋愛ドキドキじゃなくて。

究極にはソウルワークをするために自分の魂を高めて学ぶための過程ですからね。

恋愛は気づきのためにわかりやすいからきっかけとしてあるだけなので。。。

 

 

まぁだからってツインが苦しい学びばっかではないですけど。。。

 

 

出会った方々は、頑張ってください。

 

辛かったらリタイヤするのも自由です。

 

この世は結局肉体のある三次元なくしては生きていけないので。

ぼくみたいに、いろいろやってみた挙句に3次元とことん楽しめばいいや。。。っていうのもアリです。

 

5次元とか魂とかもう疲れたw

オレはこの両手と両眼でモノ作ってクルマいじってるのが一番幸せだよ。。。っていう結論も、アリじゃないかと思います。

 

ツインと出会って(と思ってるだけの場合もあるけどね)魂の道に進まれる方。

目に見える世界にとどまって楽しむ方。

 

自分が納得いく歩みをするのがいいのかと。。。

 

春分点からは宇宙的には新しい1年。

 

今ここにある決断が来年以降の歩みを決めるんでしょう。

新しい7年スパンをどう生きるのか。

 

もう意識しないでも心の中に違和感なくあるもの、つまり自分の本音にはみなさん気づいてらっしゃることと思うので。

あとはそれを歩むだけです。

 

適材適所。

それぞれふさわしい人生があるわけです。

 

 

最近のあれこれ。

なんか話がでかくなってきたのでw

最近の動向。

 

 

iPad Proにダイノック貼ってみたり。

 

リーフとか

 

シャックルとか塗ってみたり。

 

こういう機能整備も並行して進めながら。

 

バラしたまんまだと邪魔なので、組めるところは組みつつ。

 

今日は日曜なので。

軽トライタズラして遊んだり(また別記事にて詳しく書きましょうね)。

 

 

昼から飲んでたりwww

あぐーじゅーしー、まーさんど。

 

 

そんなこんなでバタバタとのんびりと、なんとかやっておりまする。

 

工場周辺の通信環境がよろしくないので、ブログとかYouTubeとかが大変あげにくい環境であることも事実なのですが。。。。

また折を見てブログも(まとめて)更新しましょうね。

 

 

もうじき宇宙の新年。

 

皆様もステキな人生を!

 

にふぇーでーびたん。

 

“airweave” 噂のエアウィーブを使ったら作業が捗る件。

どうもまいど。

こぶたやさんです。

 

今日は、あの”air weave”、エアウィーブを工場の寝床に導入してみたら思いのほか効果ありまくりでびびった話し。

 

レストアは意外に重労働。

レストア作業って思いのほか体力勝負。

工具も重いし、1.6mmなんかの鉄板を曲げたり叩いたりすると筋肉痛で次の日はポンコツになるw

あるいは腰をピボットにして上体をひねったり、折り曲げたまま作業を続けなくてはいけないシーンなんかも多いため、体への負担がものすごく大きい。

 

ほんと、10t車バラ積みのほうがぜんぜん楽じゃねーか。。。って思うこともよくあるw

 

そんなぼくももう若くないので毎日モーラステープで全身ラッピング(笑)

 

それでもやっぱり慢性的な体の鈍痛っていうか。。。重くてだるくて痛い。。。がもうずっと抜けない。

 

あまりにもこれじゃあ自分がやばいよな。。。ってことで何か解決策はないものかとずっと悩んでた。

 

睡眠環境が、よろしくない。

前に書いたかどうか忘れたけど。

ぼくは基本的に工場で暮らしてる。

家から工場までが2県隣って言う理由。

洗濯と食料の買いだめに週一回160kmの道のりを帰る。

 

それ以外は移動がめんどくさいので、一週間分の食料と燃料を買い込んで工場に泊まってる。

ちなみに風呂はないのでバケツシャワーだwww

 

寝るのは、工場の一角に作ったスペースにキャンプ用のベッドを置いて、寝袋にくるまって寝る。

 

部屋を作った時の模様はこちら。

 

会社にも務めていた去年初めまでは週末にくる程度だったからそれでもよかったんだけど。

流石に毎日が工場暮らしになると人としてなんかやばい気もする(笑)

 

なによりキャンプベッドに寝袋だと疲れが取れない。

 

そこで、まずは睡眠環境を向上させて見ることにした。

 

まぁ、それがどれほどの効果があるのかはわからないし。

そもそも工場暮らしを辞めて家でもかりりゃそのほうがいいんだろうけど。

生憎この地域の住民になる気はないので辛くても当面は160kmの道のりをのんびり夜中に移動する生活を譲る気は無い。

 

解決策は、”airweave”

かねてから気にはなっていた。

でも正直、あんなぺなっぺなのマットで何が変わるんだろう。。。

どうせあんなの、うまいこといって買わせちまえ。。。的な商品だろ?

宣伝の魅せ方がうまいだけだろ?

 

と思ってたわけだ。

 

しかもあれ、値段も意外と高い。。。。

 

ちょっとお試し。。。で買う値段じゃ無い(笑)

 

 

そしてもう一つ問題。

 

キャンプ用ベッドの幅は、シングルベッドより断然狭い。

たぶん60センチぐらいしか無いと思う。

トラックの寝台と変わらない。

だからそのサイズに合うマットなんてなかなかね。。。。

 

 

とか思ってたら。

 

あったw

 

 

これだと幅が 50センチ、長さも170センチでちょうどキャンプベッドに収まる!

 

なんて都合がいいんだろう(笑)

 

お値段が。。。お試しには微妙だけど、まぁこのサイズなら車中泊なんかにも使えそうだから一個あってもいいかな。。。なんて適当な言い訳をつけてとりまえず買ってみた。

 

いざ、設置。

 

届いたので

 

 

早速セットしてみた。

 

キャンプベッドはただのナイロンの布が張ってあるだけなので、一番下に断熱用にアルミのマットを敷き、その上に余ってた毛布を敷いてなんとなくクッション性を持たせてみようとしていたのだけど。

今回はそれらの上に、エアウィーブを敷いてみた。

 

なんか話を聞くとどうやらこれは単体で寝るものではなく、既存の寝具の上に敷いて補助的に使うのがいいらしいので。。。

 

その上に寝袋を敷き、寝るときは寝袋に入って寝る。。。という寸法。

予想外の効果と安眠。

3日ほど使って感想です。

 

結論から言いますと。

 

 

爆睡できますwww

 

文字通り、ぐっすりねれます。

寝れすぎて朝起きられませんww

 

いや、ほんとに。

 

これまでは眠剤飲んでても中途覚醒で夜中に起きてたのに、エアウィーブを入れた途端に全く起きなくなりました。

 

これは自分でもびっくり。

 

そして、体の痛みは確実に減ってます。

 

これもびっくり。

 

前の日の作業の疲れが全身に残った状態で、さらにキャンプベッドのプアな包容力で背中や腰が痛くて目が覚めてたのが、全くなくなりました。

 

もちろん、筋肉痛や腰痛は慢性的にあるのですが。

それが結構な勢いで軽減されてます。

 

たぶんぐっすり眠れるのと、この高反発のマットのおかげで体にかかる負担が減るせいでしょう。

起きた時の全体的な体の重さがなくなった感じ。

 

今までのダルさを10だとしたら、今は3とか4になった感じ。

 

そのぐらいの差はあります。

 

あとは頭とか首にかかる負担が減ったのか、肩周りがずっしり重痛い。。。っていうのがなくなりました。

 

これはほんと。。。予想外の効果。

 

まとめ。

キャンプ用ベッドってのはあくまで「キャンプ用」ですからね。

疲労回復とか睡眠のクオリティは当然考えて作られては無いと思います。

だからそもそもそこが間違いなんですが(笑)

たったマット一枚を足しただけでこんだけ体の負担が変わるとは思いませんでした。

 

だからたぶん一般的な布団やベッドなんかの環境にこれを足したらきっとすごく快適になるんじゃ無いかな。。。と思います。

 

今回買ったタイプは、持ち運びもできて気軽に使えるタイプってことで、それこそキャンプや車中泊の旅なんかにはもってこいだと思います。

逆に、家でがっつり使いたい方にはちゃんとシングルやダブルのサイズに合わせたマットも各種売ってるのでチョイスは無数にあるかと思います。

 

ぼくもいずれ家で寝れる暮らしになったら家用に買うと思います(笑)

 

マット一枚だとさすがに薄いので、これを床に敷いて直接寝ても正直あまり落ち着きません。

試してみましたが、寝心地よりも今の季節は床の冷たさが気になって寝れませんでした(笑)

上向きに寝るならまだいいですが

横向きに寝るとちょっと腰が痛かったりするので、やっぱりこれは既存の寝具と併用するか、でなければキャンプのベッドや車中泊キットのマットの上などで補助的に使うのが正解かと思います。

 

そうそう

トラックの寝台にはうってつけですね!

サイズもちょうどいいし、よく寝れていいと思います。

 

ぼくが現役の時代になかったのがほんと残念です。。。

なので、トラックで寝るかたにも断然おススメです!!

 

 

寝ても疲れが取れない。。。とお思いのあなた。

 

ぜひお試しあれ。

テビチそばと、にんじんしりしり。

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

ここ数日

明け方に無性にテビチそばが食べたくなる。

 

さすがに近所でそんな物が食べれるお店もなく。

 

テビチなど売ってるスーパーもなければ麺を売ってる店もない。

 

 

食べたいと思いだしたら最後。

もう食べるまで止まらない。

 

 

さぁ困った。。。(笑)

 

なぜか、しりしり。

てことで

なぜかにんじんしりしりを変わりに作って食べた昨日(笑)

 

 

にんじん刻んで、炒めて、卵とかツナ缶とか入れて炒めるだけ。
10分もあればできるさ。

手軽で美味しくて、お弁当のおかずには最高だ。

 

唯一。。。人参刻むのがめんどくさい(笑)

 

沖縄に行くとスーパーやニトリでしりしり器売ってるけど。。。

 

こんなやつ

 

通販で食材を買う。

しりしりはしりしりで美味しいんだけど。

 

やっぱ炭水化物が食べたいらしい。。。

 

てことで

しりしり食いながらAmazonで買った

安定の翌日配達。

お昼前に届いて助かった♪

 

 

ラーメンとか蕎麦とかうどんとも違う。

きしめんの細い版見たい感じか。。。見た目だけなら。

 

 

テビチは配達に日数がかかりそうだったので、今回はソーキで。

 

 

サンエーとかかねひでで買うこと考えたら割高(笑)

 

まぁ

うちからこれを買うためだけに飛行機に乗ってかねひでに行くわけにもいかないので(だったら都内とかで沖縄料理やさん行けばいいことだからな(笑)、致し方ない。

 

 

テビチの代わりに、ソーキそば。

できた

 

この麺はダシ付きだったらお手軽。

ネギと紅生姜は普通にスーパーで手に入るし。

とりまそれっぽくはなった。

 

 

 

次回はやっぱテビチだな。

 

ついでに。。。

来月4日は「ゆかる日まさる日さんしんの日」なので。

 

コソ練朝練。

まだまだ、やっとこさ弾いてる感じ(笑)

 

 

まぁ

ぼちぼちやりましょうね。

 

 

 

 

にふぇーでーびたん。

水瓶座新月のお正月。【オラクルカードリーディング】

まいどどーも。

いいそうぐぁーちでーびる。

ねいさんやいびーん。

 

新しい一年が始まりました。

 

今日、2月5日は水瓶座の新月であり、お正月です。

 

 

どうもグレゴリオ暦の1月1日が「新春」というのに子供の頃から違和感があってですね(笑)

 

だって、1月1日ってまだ寒いのに。。。なんで「春」なんだろう???

ってずっと思ってました。

 

 

大人になった今でも、違和感はあります。

 

なので、ここ最近では1月1日は所謂人に合わせてのご挨拶としての「お正月」。

本当の新年の切り替えとして自分の中の区切りはあくまで旧正月、ということになっています。

 

大人な使い分けだなぁ(笑)

 

旧正月と言うと中国の「春節」を思い浮かべる人が多いかもしれませんけど。

 

元々日本もお正月は旧正月でしたし、そのほうが農耕的には理にかなっているとも思います。
カレンダーの隅っこに書いてある立春とか冬至とかああいうのもやっぱり旧暦と合わせてみるほうがしっくりきます。

 

一体誰がグレゴリオ暦が当然。。。みたいなこと決めたんでしょうね(笑)

旧暦を使えばきっと生き物としてのリズムを取り戻してみんな元気で平和になると思うんですがいかがでせうか。。。

 

 

さて。

 

そんな本日。

お正月のカードリーディング。

 

 

今年一年のメッセージを下さい、ということで。。。

「six of fire」そして「perfect timing」

 

 

なんと素敵なカードか。

 

 

「火の6」

ヴィクトリー。勝利。幸運。

良い知らせが間もなく来ます。

公に認められたり賞をもらったり。

 

 

「perfect timing」

前に進むのには最適なときです。

 

 

なんちゅーか。

 

新年にふさわしいメッセージ。

 

前に進むときですよ。

今から新しい時代が始まります。

新しく、光と力に満ちた自分を生きる時。

自分の歩みを取り戻し、自分を信じて進む時。。。その人の真価が発揮されます。

自分本来の力を発揮して輝くあなたを世界は認め、受け入れ讃えます。

 

グズグズしてる時はおしまいです。

思うように、自分の思いに忠実に進みましょう。

それこそが実を結ぶ結果をもたらします。

 

とにかく。

 

もう待ったなしで進め、ってこと。

やりたいようにやんなさい。

勝手に結果ついてくるから。

しかも悪い結果じゃないから。

 

 

今まで結果が出なかったのは?

くすぶり続けてなんか納得行かなかったのは?

 

そりゃあんた、自分にふたしてきただろ?

自分の背中に羽が生えてること無視して、世間が求めるような自分になろうとしてきただろ?

 

他人の期待する自分像を演じているのは楽なことだ。

でも、それでいいのかな?

自分はどうしたいんだい?

今までの一年でもうそれに気づいただろ?

 

だったら、今年はその思いに素直に生きてご覧。

それこそが、あんたが持って地球に降りてきた課題

あんたがここに転生してきた理由なんだよ。

 

 

 

 

というようなお言葉。

 

 

去年一年のテーマ、内観を通じ本当の自分を知るっていうのを経て。

今年からはいよいよそれを表に出していく本番。

 

自分が本当に望むこと

自分がやりたいこと、実現したいこと。

 

どんな小さなことでもまずは自分に許可を出しましょう。

 

 

コーヒー飲みたい

 

お風呂入りたい

 

そんなことから練習して行けばすぐに自分の本心、魂ののぞみを聞くのも容易になります。

てゆうか案外そんな小さなことも聞けてないですよね?

 

コーヒー?

今仕事中だから我慢しなさい

 

お風呂?

めんどくさいからあとにしよう。。。

 

とか。

まぁコーヒーやお風呂は身近に感じるための例ですけど。

その時そのときに浮かぶ自分の「声」をいったいどれだけ無視してきたのか。。。

 

人って社会の中で生きてる内に、子供の頃から知らず知らずに他人ののぞみに自分を合わせてしまうことが得意になって、いつしか自分の声を聴くのが苦手になるんですよね。。。

親や先生の求める自分像

会社や世間が求める自分像

 

そんなものを気づかない内に演じきってしまってます。

 

もちろん、それが自分の魂が望むものと一致していればいいんですが。。。大概の場合そうでないことのほうが多いんではないでしょうか。

 

他人との摩擦を避けようとしたり

自分の立場や財産を守ろうとするあまりに人は自分の魂の声を聞こことをしなくなりがちです。

 

地球がいまものすごく変わっていってる中で

もうそろそろそういう生き方は通用しなくなります。

 

 

それぞれみんな、持って生まれたものというのがあります。

それは職能とかだけではなく

その人だからできること

その人だから出せるもの

言ってみればその人の生き方すべてが「持って生まれたもの」なわけです。

 

誰も自分の代わりはできません。

 

同じように自分は誰かの代わりにもなれません。

 

 

あなただけの、オリジナル。

 

世界でたった一個の道です。

 

その道を突き進む時はいつなのか。。。。

 

 

 

 

今でしょ!(古っw)

 

 

ということで

 

今年は実り多き一年になりそうですね。

 

大きな変化も来るでしょう。

 

忙しくもなるでしょう。

 

 

でもそれ

本来の自分の姿にみんなが戻り、それぞれの持場で活躍するということですからね

 

素敵なことです。

 

 

あと追加で。

個人的にsix of fire のカードで気になること。

 

絵柄の、騎士の足元に女性の妖精さんいますよね?

騎士が進む方向を指しながら、二人共同じ刀持ってます。

 

ツインソウルとかツインのお話を別ブログで書いているのですが。

今、一番テーマになってるのが男性性と女性性のバランスをとること、です。

肉体的な性別の話ではないです。

前に進む力を男性性とするなら、守り育てるのが女性性です。

そのバランスなんです。

 

両方が揃って初めて一つ。

どちらがかけても、どちらかが大きくてもうまくいきません。

ぼくみたいな性別迷子の人が言うのもなんですけど(笑)

 

決してこれは肉体の性別やその人の見た目は関係ない話。

誰しもがもっているものです。

魂の世界の話です。

 

例えば自分の中の女性性や男性性を認めないのも結局自分の本当の声を封じてることになりますね。

わかります?

オトコとオンナ、っていう目に見える区切りじゃないですよ?何度も言うけど。

 

そういうことも、今年は大きく関わっていくはずです。

 

 

 

分離の原理から統合へ。

 

 

おまけ

 

ぼく個人に向けて、一言お願いします。。。と言って来たのがこれ。

 

去年の暮に引いたカードでは、8月に「実り」と「引っ越し」というキーワードがでてきたのですが。

 

。。。ここでもかw

 

 

やっぱ暖かいとこに移動したいのはほんとみたい。

 

そして工場にこもりっきりではなく、いい加減日にあたって自分の体を労れ。。。と(笑)

 

確かに

この一年工場に毎日こもって外の様子もろくに見なかったからか、体中がどんどん痛く固くなって動かなくなってきたもんな。。。。

 

今じゃ指も痛くて曲がらなくて三線も弾けないよ。。。

 

長野より暖かくて

海がある場所に引っ越したい。

 

できればビーチフロント。

朝から海に入れる場所。

気が向いたときに海に入れる場所。

 

 

 

。。。ちなみに、誰も日本だとは言ってない(笑)

 

 

 

 

にふぇーでーびたん。

欠けたノブの複製。 レジンキャストで部品を作ろう。

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

古い車を好き好んで乗っていると、部品の欠品に悩まされますよね。。。

 

ほんとに小さなことなんだけど。。。気になる!
その気持はよくわかります。

 

わかりすぎて気になりすぎるのでないものは作っちゃう、という今日のお話。

 

 

たかがノブ、されどノブ。

 

こちらは40年以上前の軽トラック、ホンダTNさんのラジオの部品。

一つのつまみで電源のON,OFF ボリューム。。。などが兼用できるらしい。

 

 

んが。

 

触るたびにすっぽり抜けてくる。。。

これだと電源入れるたびに落っこちて、ボリュームいじるたびに落っこちて。。。で非常に落ち着かない(笑)

 

てゆうかラジオが使えない(AMしかないけどな。。。)

 

 

裏側写真。

無理もないね。
本体に刺さるとこが半分欠けてるもん。

これじゃユルユルで落ちてくるわけだ。

 

 

てことで、まずはここを直しましょうね。

 

プラリペアを使う方法。

 

なにかとこういう細かい修理に役立つのが、これ。

困った時の、プラリペア。

 

 

細かい粉と液体を混ぜると瞬間接着剤のように固まる。。。という仕組み。

 

多分匂い的に歯医者さんの詰め物と同じ気がする。。。。

 

これで虫歯治療自分でできるな♪(できません!)

 

結構な強度も出るし、色も黒、白、クリアと揃ってるので車の部品修理にはまさにぴったり!

 

今回は

テープでなんとなく土手を作って、粉と液体を流し込む。

 

液体が多すぎると粉ごと流れてっちゃうので、付属のスポイトで様子見ながら少しづつね。

 

 

そのままほっとくと固まるので

コーヒーでも飲みながら待ちませう。

 

完全に固まったら細かいヤスリなんかで削って形を整えれば、完成。

 

 

今回は見えないところなので着色などせずそのままです。

 

 

これでひとまずノブはおっこってこなくなりました(笑)

めでたしめでたし。

 

困った、部品がない。。。

 

実はこの車のラジオ。

 

同じような丸いノブがもう一個付いてるはずなのですが。。。

うちに来たときにはどっかいっちゃって欠品の状態でした。

 

まぁ40年以上も使ってればノブの一個もなくなるでしょう。。。

 

ということで

今度は先程プラリペアで修復したノブを「コピー」してみます。

 

今なら3Dプリンターって選択もありだけど。

そんなに数作るものじゃないし、プリンター買うと邪魔だし(笑) 今回は地味に手作業。

 

レジンキャストで複製。

 

レジンキャスト。

アクセサリー作りなんかではよく聞く名前ですが。

要は元になる型をとって、その型にレジンキャストという樹脂を流し込んでモノを作るっていう方法です。

 

そういうことなので、まずは「型」を作るとこから始めます。

 

 

まずは、シリコーンゴムで型をとろう。

何やら画像がもやけてますが(笑)

 

上の方にある黒いノブが元になった部品。

白い四角がシリコーンゴムで作った「型」です。

型を2つに分割するのは、部品を取り出しやすくするためです。

 

 

まず、部品のサイズよりちょいと大きめにダンボールで箱を組み。

 

箱の深さ半分ぐらいまでシリコーンゴムを流し込みます。

 

シリコーンゴムは流し込む時にどうしても空気が入るので、机の上なんかでトントンして空気を追い出します。

 

お金かける気になれば「真空脱泡機」なるものもあるのですが。。。そんなに作ることないのでそういう余分なものは買いません。

 

あくまで卓上で週末にできるレベルの作業を追求します(笑)

 

 

頃合いを見て、先程流したゴムが固まらないうちに元となる部品を入れます。

目安としては、部品がずぶずぶ沈んでいかなくなる程度。。。

 

入れたらその状態で固まるまで放置しておきます。

 

シリコーンゴムは固まるのに結構時間がかかります。

なので気長にやりましょう。

 

一晩ぐらい放置して

下半分が無事固まったら、残りの半分を注ぎます。

 

 

。。。そだ。

注ぐ前に先程出来上がった半分の型と部品の表面にシリコンオイルとか塗っといてくださいね。

でないとゴム同士くっついちゃって離れなくなります。

 

これだと部品が埋まったままでてきません(笑)

 

失敗です(笑)

 

 

 

。。。画像がないので文字ばっかですが。。。

 

同じように完全に固まるまで放置したら、上半分の型を持ち上げてみましょう。

 

上の画像のようになってれば、ここまで成功です。

 

型取り用、シリコーンゴム。

1kgあれば結構いろいろ作れます。

 

いざ、レジンキャストを流し込む。

これは違う部品の「型」なのですが。

 

ゴムの型の中に、樹脂を流し込む入り口を作る必要があります。

 

これまでの作業を画像の代わりに絵に描くとこんなイメージ。。。

しましまのところが、シリコーンゴムで作る「型」。

その中にレジンキャストを流し込んで形を作るわけです。

なので、流し込む入り口、それから樹脂があふれてくる出口が必要です。

 

使うのはこちら。

2種類の液体を混ぜて硬化するタイプです。

部品一個作るだけだと正直持て余す量。。。
もう少し小さいサイズが個人的にはほしいですが、混ぜなければ固まらないのでそこそこ長期でも保存が効きます。

 

 

流し込んでいろいろ試行錯誤した結果www

穴が小さかったようでうまいこと流れてきません(笑)

隅々まで樹脂が行き渡らずになんか変な形のものばかり量産してます。。。

 

完成♪

 

何個か作って、なんとなくうまくいったやつ。

 

あとはヤスリで整形して、色塗れば出来上がりです。

細かいこと言うと霧がありませんが、及第点だと思います。

これで見た目もOK!

ラジオもちゃんと使えます♪

 

 

おまけ&まとめ。

 

おまけで。。。

 

アオリの当たりゴムが一個なかったので造りました。

この形の当たりゴムは現在流通していません。。。

 

作るしかありません。

こちらはプラッチックではなくてもともとがゴム製品なので

型と同じシリコーンゴムで作ってあります。

 

純正品より柔らかいので機能的にはどうかわかりませんが、見た目は違和感なくなります。

 

 

これね。

黒い楕円のやつ。

 

 

 

そんなこんなで夜な夜なこっそりできそうな部品製作。

材料代はちっとかかりますが、できた時の満足度は大きいと思います。

レジンキャストは強度がいる部品には使えませんが、今回みたいな内装部品の修復なんかには強い味方になってくれると思います。

 

シリコーンゴムやレジンキャストは慣れるのにちょっと時間がかかりますが、慣れれば何でも作れちゃうので面白い素材。

時代はやはり3Dプリンターですが、大掛かりな設備がいらないことと、表面に積層状の模様ができないのも旧車部品再生には有利なポイントかと。

 

 

気をつける点としは、シリコーンゴムは思いの外固まるのに時間がかかるのと、ネチョネチョするので手や周りが汚れるということ。

気長に、手袋や要らないダンボールなんかを使って工夫してみて下さい。

 

レジンキャスト自体は流動性のたかい液状なのですが、硬化する時に発熱します。

さわれないほどではないですが知らないとちょっとビビるので(はい、ビビりました(笑)その点はお気をつけ下さいな。

 

 

樹脂材料なので匂いが。。。と思ったのですが、プラリペアの歯医者さん匂い以外はほぼほぼ匂いのない製品です。

なのでお父さんがお家で一人でこっそり楽しんでてもご家族からクレームは来ないと思います。。。(あくまでぼくの匂いの基準ね。個人差あります)

 

やっぱり部品がぽんぽんできちゃうのは楽しいですよ。

何もないとこに形あるものができるのってクリエイティブの極みっすよねー♪

やめられまへん。

 

とりま必要なもの、一覧。

とりまえず、これがあればなんとかなる今日の素材たち。

 

なんでも作れる、困った時のプラリペア。

 

小さな傷まできれいに再現してくれる、部品複製のミカタ。

そして、複製には絶対必要な「型」となるシリコーンゴム。

型の合わせ目や、原型になる部品には塗っておきましょう。

カッコから入りたいので、WAKOS(笑)

 

市販のシリコーンオイルで十分です(笑)

 

 

 

 

 

にふぇーでーびたん。