7月前半のこぶたやさん日報。

どうもご無沙汰ぶり。

こぶたやさんでござる。

 

気がつきゃ7月も後半。

ぼくは一体何をやってるのか?

引き続き、しぶろくさん再生。 クーラー編。

まぁ夏も本番なので、クーラー整備&取り付け。

レシーバタンクは新品に。

 

コンデンサーも新品(高かった。。。。( ;∀;)

そして

エキスパンジョンバルブも新品。

 

これで綺麗で涼しいエアーで快適なドライブになることでしょう。

 

ただぼく冷え性だからあの直撃型クーラー、苦手なんだよなぁ。。。。

 

ちなみに、ガスは134に対応できるよう組み替えてあります。

R12は冷えるしいいんだけど。。。環境負荷がね。。。

ガスの値段も高いし。

どうせバラすなら。。。ってことでアップデートしてみました。

 

ルーフ&ボデー編。

ルーフは塗装をして、軽く断熱処理をして、ライニング(内張)を貼りました。

ボンド5キロ使いましたねwww

。。。。クセえw

このまま組んだら確実にラリパッパなので、二日ほどシンナー臭抜けるまで待ちます。

 

のっかりますた。

FRPとは言え、案外重いのよこれ。

サイドパネル、ルーフ。。。。ボデーのいろんな位置を微調節しながら、時には荒技を使いながら、一つの箱に組んでいきます。

疲れすぎてこの後2日休みましたww

 

ええやん?

水と油入れて、電池おけばエンジンかかるで?

 

内装はちょっとちぐはぐですが、破れのない程度の良いオリジナルを組み合わせました。

 

オリジナル。。。つまり、あのビニールくさくて滑る、暑くて寒いシートですwww

 

でもそこが素敵♪

 

あとはガラスはめて

ドアも組み立ては済んでいるので、ボデーに組み付けるだけです。

やる気だしゃあ月末にはローンチできますね。

 

まぁ。。。本人のやる気と体調次第ではありますけどw

 

 

なんかここまで来たら結構感無量。

なにがって、組む予定で置いておいた部品類が続々と減って、二階がスカスカになっていくこの光景がもう、あー、完成なんだなぁ。。。って思う。

 

去年の年明けから始めて一年半。

もうじき完成です。

 

うれしいな♪

 

まいにち運転席に座ってはにやけてますwww

 

よんまる以外の出来事。わしたしまうちなー。

7月頭に、沖縄でした。

三丁目そばといえば、じゅーしー。

気取らない雰囲気と具沢山がすきです。

 

旭橋にこんなもんが!

綺麗になって、案内もいっぱいあって、バスの乗り換えには便利になりましたね。

那覇バスターミナル。

上は図書館と商業施設でした。

 

 

魚見に行ったり

 

 

東御廻いにいったり

 

 

会長にお会いしたり。

 

レンタカーは借りず、徒歩とバスの旅でしたが、最近バックパッキング熱が再燃しているので今回はこのスタイルがとっても心地よかったです。

 

心にびしっとくるもの。

腐りかけたmp5からもげ落ちたモール。

この佇まいがなんとも言えず。。。

 

やっぱすきなんすね、こうゆうの。

 

またやーさい。

 

7月3日は 蟹座新月と日食。

まいどどーも。

こぶたやさんでござる。

 

皆既日食なんだけど。。。

今日は実は日食。。。。といっても日本では見られない。

主に南米の方では見れるんだそうだ。

その日食、ピークの時間は日本の朝5:23だとか。。。

ぼく、今朝その時間に目が覚めましたw

 

だからブログに書いとこうと思ってw

 

今日は蟹座新月。

むしろこっちの方が身近な話題かな。。。

 

本日は、蟹座の新月。

 

蟹座の人にとっては新しいスタートですね。

 

もちろん、蟹座以外の人もだけどw

 

 

何か新しい仕事やキャリア、人生のプロジェクトなど大きなものを始めるとか切り替えるにはとてもいい日!

なにか新しいこと、始めてみてはいかが?

 

 

さて

リスタート、の時っていうのは必ずと言っていいほど古いものを手放させられる時。

環境や仕事、あるいは人間関係や家族など。。。。今まで慣れ親しんできたものと離れたり卒業する出来事が起こる時期でもあります。

 

今回は、そういう実際的な「卒業」や「お別れ」だけじゃなく。

気持ちの上での「卒業」や「お別れ」が起こるのも1つのポイント。

 

例えば自分の中で今までずっと繰り返してきた思考のパティーンだとか、習慣だとかを変えるとか。

今までずっとこうだと思ってきたことが実はそうじゃなかったとか。

 

やなやつだ。。。と思ってた人が実はとても自分を大切にしてくれていた、だとか。

 

 

手放し、というか「気づいて認識を改める」って感じかなぁ。。。

 

その「認識を改める」ことがここからの新しいスタートに大きく関わっています。

 

もちろん、これは蟹座さんに限らずですが。

 

新月x日食のコラボパワー。

とうゆうことで、今までの感覚から脱皮して新しい自分を生きる!

という感じのこの蟹座新月。

折しも日食と重なることでその影響は大きくなります。

 

 

新しい自分になって

新しい自分にふさわしい世界を創る。

 

自分が大切にしたい気持ちや人、仕事や物。。。そしてもちろん自分自身。

 

そんなものを一つ一つ大切にしていく半年間になるかとおもいます。

 

 

大切なものはなにか?

気づいたらその大切なものを本当に大切にしてください。

きっとそうすれば新しい世界もスムーズに入ってくるんだと感じます。

 

 

大事にしてあげてね。

 

まずは自分のこと。

 

 

とゆうことで

 

新しい自分に乾杯しましょう。

 

 

筆者近況。

YouTubeあげました。

最近はYouTubeのbgmが増えて助かりますw

 

最近神社ばっか行っていたせいで絶好調ですw

まぁ、仕事のパターンを変えたというのもありますが。

 

もうじき完成。

。。。かな?

 

 

御影石風の塗装をしたアクリル。

看板作りのお仕事です。

 

こんなかんじでまぁ、よんなーよんなー。

 

 

またな!

「うつ病」とまさかの「更年期障害」からの復活。最近の状況と再開した作業の模様など

どうもまいど。

 

ゴールデンウイークに飛び出してから実に一ヶ月半。

作業から離れていたのは実はこんな裏話が。。。。っていうのを今日は公開しましょうねー。

 

実は。。。「体調不良」がやばかった話。

実を言うとですな。

 

うつ病になっていたのだよ。

 

布団の中にずっと飲まず食わずでこもっていたり。

いろいろ壮絶だったかも知んない。

今生きているのは、たぶんまぁいろんな方のおかげです。

重い話だから細かくは書かないけど
案外自分が思ってるほど自分って大丈夫じゃないんだな。。。ってのが一番ビックリしました。

それで、「大丈夫じゃないみたい」って思い始めると今度はその「大丈夫じゃない自分」が許せなくなる。。。っていう無限ループで焦りばかりつのって空回り。。。

そこに、最近悪化してきた更年期障害が加わるともう出口のない不調のトンネルに身体も心もどっぷり振り回される。。。という状態だったここ最近でした。

それでも、友達に助けられたり、医者の言う通りくすりをのんだりしてみたらここまでこれた。

みんなありがとうね。

思いの外辛い、「更年期障害」。

更年期障害になりますたw

 

実はうつ以上に(というか同じぐらいかな)つらかったのがこれ。

 

年齢関係ないんだってね。あれ。

よく聞く、首から上が暑いとか、汗かくとかはもちろん。

気持ち悪くて吐きそうで、おまけに頭がずーっと痛い。

PMSみたいなもんだと思う。

 

甘く見てると大変なことになる。。。てゆうか、なったw

 

あのおかげで自殺しちゃう人もいるというくらい、メンタルにもしんどくのしかかる。

ホルモンは怖い。。。

ほんと、健康って見えないから元気なうちは気にしないでいるけど。

知らず知らずに壊れてくのね、人間てw

 

つくづく実感。

 

そしてトドメは関節炎(リウマチ)。

ついでにいうと、作業のし過ぎで痛めた指の関節炎(というかリウマチかも)は一向に良くならず。

未だに痛みでペットボトルが開けられない。

基本、手の指を伸ばすのが苦痛である。

サンダーを握ったような形で指が固定されてしまっているイメージ。。。

これも結構不自由でストレスだ。

リウマチ専門医に行こうと思ってるのだけど、近所ではなかなか予約が取りづらいのでいま日程調整中。

ステロイド治療はちょっと個人的に抵抗を感じるけど、この状況ではやむなし、といったところかな。

 

健康、大事よね。

そんな感じで、あらゆる病や怪我が怒涛のように押し寄せてきたこの春から初夏の季節。

おかげで体が限界を迎えて休まざるを得ない状況になった。。。というのが事の真相でした。

 

旅ばっかり行ってたのは、単に旅が好きだということもあるんだけど、仕事から逃げていた。。。っていうか、環境変われば気晴らしになって元気になれるんじゃないか?っていうチャレンジも兼ねてた部分もあるんだと思う。

 

とにかく

自分をいたわらないといけないんだね。。。と思ったこの数ヶ月でした。

 

健康大事よね、ほんと。

 

解決策とか対策。

結局

うつにしろ更年期にしろ関節炎にしろ。

ぶっ倒れるまで走り続けてやっと気づくタイプみたいなのでw

なので、このまま同じことをするときっとまた倒れてしまう。。。

ということで今回からは対策を考えてみた。

 

 

まず

就業時間の短縮。

今までは朝8時から夜10時までだいたいうろうろ作業してたんだけど。

それを、朝10時から夜9時までにしてみた。

一日あたりにして3時間の短縮。

3時間ぼっち。。。って思うだろうけど。
今までトラックも鈑金屋さんもブラックに慣れ過ぎちゃってるから(笑)、そのへんの就労感覚おかしいのかもしれないなww

 

ここは、まだ試験的にやってみてる段階。

辛かったらもっと減らすし。

でも増やすことはないと思う。

だってそれじゃまた倒れちゃうからw

9時〜5時とはいわずとも、無理のない範囲でこれからは作業したいと思う。

 

 

次に

工場の近くに寝泊まりできるところを確保した。

 

今までは、首都圏から車で3時間かけて移動して、工場にずっと泊まり込みで作業して、そして一週間から10日続けたら帰ってくる。。。っていう感じだったんだけど。

今後は工場の事務所に寝るというのをやめて、普通に「家」で寝てお風呂入って夕飯食べることにしようと思った。

 

 

病んで倒れていたとき。

あらゆる診療科の医者に、その「工場泊まり込み」っていう生活パティーンは良くないよ、倒れるのも無理はない。。。と口々に言われたので、たぶんその生活が今回の倒れる原因になったんだとは思う。

同じことをカウンセラーさんやセラピストさんにまで言われるのだからもうこれは間違いないんだろう。

工場泊まり込みは身体&心を壊す。

人間やっぱり工場でキャンプベッドで寝て、お風呂に入らない生活ってのは無理なのだな。。。(笑)

 

 

ということで

まだまだ作業は続きそうだから、今後は様子見ながら無理せずに

いい意味で自分に甘く生きていこうと思う。

体を壊しては結局何もできなくなってしまうから。

 

健康と命あってこその人生だ。

 

ところで最近の、しぶろくさん。

こんな状態でずーっと放置されていたけど。

 

ヨンマルミーティングEASTに行ってから、再びやる気になった。

もう、頭の中ヨンマル一色w

やりたくてしかたない。

 

まぁでもそこは病み上がり。

無理はせず。

 

リハビリがてらハーネスあたりからとりかかる。

後付配線の分岐とか、よくわからない加工がなされているので

配線図と見比べながら、調べながら、撤去してたら一日が終わった。

 

不要な配線は撤去して、なるべくトラブルのもとを減らしたい。

そして、ETCやドライブレコーダーのための配線も、この際だからハーネスとしてしっかり作っておきたい。

よくある後付配線みたいに、赤いコードだけが宙ぶらりんで何本もあるのって見た目的に美しくない。

それになんか危ない気がするんるんだよね。ぼく的には。

 

 

後付配線は、美しく。

なので、ここはちょいと手間をかけていきます。

ハーネステープ剥がして、再びきれいに収まるように。

 

加工の画像は夢中すぎて撮り忘れたので(笑)、こんなイメージで。。。

 

あ。

配線するときよくみんな使うけど。

 

エレクトロタップがぼくは個人的に苦手。

↓ こうゆうの

お手軽なんだけど、場所取るし。

じつは接触も悪くなりやすい。

 

 

だから、自分でやるときは上の絵みたいに一旦元の配線切って、スプライスとハンダなんかでつないで分岐させる。

 

↓ スプライスはこうゆうもの。

これで繋ぎ終わった後は、熱収縮チューブで綺麗に守ってあげればスリムに仕上がるし、しっかりつないでいるので 接触悪くなることもない。

手間はかかるけど、安全確実。

 

偉そうなこと言ってっけどw

一手間は大事よ。

一手間は。

 

 

さて。

 

長くなったから続きは次回。

 

またやーさい。

 

にふぇーでーびたん。

 

 

 

 

ヨンマルミーティングEASTに行ってまいりやした。

どもまいど。

こぶたやさんでござる。

 

今回は旅の締めくくり。

ヨンマルミーティングEASTとか、神社巡りをした旅のダイジェスト。

 

ヨンマルミーティングEASTに行ってみたよ。

静岡からの帰りがけに、ちょこっとヨンマルミーティングEASTによってみました。

今回乗ってった車はヨンマルではないけど。。。せっかく帰り道だしね。

たくさんのよんまるさんがいるのは興奮しました。
色とりどりで、皆さん個性があって見ていて飽きないです。
しかもきれいな個体が多いこと。

ああ。。。うちのもそろそろやんなきゃなぁ。。。。

 

かっこいい、生き方。

どんなことでも(犯罪とかはだめだけど)楽しみながら堂々とやっている人はかっこいい。

輝いていると思う。

 

そして

かっこいい生き方をしている人は、乗ってる車もかっこよかった。

外国の方が、ちょうど向かいにいらしたので声をかけてみた。

ドイツから、ロシア、モンゴル。。と抜けて1年半かけて日本にやってきたそうだ。

これから東南アジアを回って、最終的にはドイツへ帰るらしい。

左ハンドルの79はかっこいいを通り越して黄金のオーラを纏っていたように思う。

そしてこの車で旅をされている夫婦がとてもキラキラしていたのが素敵で印象的で。

話してるこっちまで嬉しくなった。

 

なんつーか

 

その勇気がかっこいい。

やりたかったからやってみた。

 

そんなシンプルな動機で旅に出れるなんて素敵だ。

 

 

お金も仕事もなんとでもなる。

 

それが本当にやりたいことなら。

 

 

魂に忠実に生きてる人たちなんだなぁ。。。と思ってなんか10分ぐらいの会話だったけど、やたらと感動した。

 

よき学びとヒントと、なにより勇気を貰ったと思う。

 

 

 

「じゃあ、次回は。。。ドイツで会おうね!」

 

とか調子のいいことを言って、このかっこいい夫婦にほうとうを渡して帰ってきた。

 

 

人間、やりたいことはできるのだよ。

 

やろうと本気で思えばね。

 

 

 

富士山本宮浅間神社。

今週は、お友達とずっと旅をしている。

https://shiburokusan.com/togakushijinjya/

https://shiburokusan.com/weekdaytrip/

 

こうやって一週間も共に旅をできるお友達がいてくれることが嬉しい。

本当に感謝なことです。

ありがとうね。

 

さて。

本日も自然や神社巡り。

 

ぼくにはまだよくわかんないけど。

なんか、神様っていろんなエネルギーの神様がいるんだな。。。ってのは行ってみてわかった。

おかげで体調も良くなってきたし。

なによりいろんなもやっとしたものも取れたと思う。

 

 

境内にあった、火山弾と南極の石。

火山弾。。。こんなものが飛んできたらひとたまりもないね。

 

 

 

一方、自然めぐりネイチャーツアーはすごく自分がリフレッシュできたと思う。

 

きれいな手付かずの森や水に囲まれて、人間の奥底から洗ってもらえたような気分で清々しい。

 

日本にもまだまだ知らない世界がたくさんある。

 

これからはそういうところを興味の赴くままに訪れてみたいと思う。

 

 

気づけばいつのまにか紫陽花の季節になってました。

 

しぶろくさん。。。。そろそろ手を付けようかね。

お盆には乗って遊びに行きたいなぁ。

 

 

 

あ。

ヨンマルの画像撮ってないじゃんねw

 

まぁ

来年のお楽しみってことで。

 

 

 

 

にふぇーでーびたん。

 

 

「ランナーフットパッチ」で手軽に至極のリラックス。

どうもまいど。

いきなり真夏のような季節がやってきてびっくりなこぶたやさんでござる。

 

自宅療養になって3週間め突入。
そろそろ飽きてきたけどおかげで今まで普段休めてなかったんだなぁ。。。ってことを痛いほど思い知りますた。

おうちで寝れるって幸せ(笑)

 

今日は、そんな普段身体を酷使しすぎていていつの間にか疲れが常態化してしまったあなたにオススメなものをみっけたので、シェアさせていただく。

 

「ランナーフットパッチ」で至極のリラックスを。

 

今回の主役。

 

ランナーフットパッチ(LannaFootPatch)

 

届きますた。

一袋に10個(5回分)入り。

メイドインタイランド。

タイマッサージの絵が書いてあるのがまたいいな。
効果ありそうだ。

しかも、”OTOP”なので、化学製品など変なものの入ってないとこもポイント。

 

タイ政府のテコ入れで始まったこのプロジェクト。
観光に力を入れてる国らしく、OTOPのものはお土産に買ってっても外れのないクオリティのものばかり。

だからこれも品質は期待できそう。

いざ、使ってみる。

開けてみるとこんな感じ。

真ん中のティーパックみたいのが、ハーブの詰まった袋。

こいつが効果を発揮します。

 

そして、それを貼り付けるためのガーゼみたいなテープ。

 

 

そのテープに書いてある使い方は。。。タイ語w

ぼくには懐かしいけど。。。知らん人は困るよな。

 

วิทีใช้  (うぃてぃーちゃい)「使い方」

1,テープの剥離紙をはがす

2,成分の入ったパックの「文字が書いてある側」をテープ側に貼り付ける

3,図のように、足の裏の真ん中に貼り付ける

 

あとは寝て、6−8時間後に剥がしましょう(ここにはかいてないけど、外袋の裏に書いてあった)

 

なんだ。

そんな難しいことじゃない。

 

 

つまりこうゆうこと。

。。。すいませんね、汚い足でw

 

 

貼り付けるとじんわりと温まっていく感じがあり、これがずいぶんと気持ちいいのです。

タイマッサージのハーバルボールみたいな感じかね。

 

気になる結果。

翌朝。

足の裏から剥がしたパッチ。

袋の中のハーブが溶けてどろどろになってる。

これがあなたの中に溜まってた悪いものですよ。。。って見せられてる感じ(笑)

 

剥がしたあとは足の裏も同じように黒くなってるので、起きて剥がしたらまず足の裏も洗うことを忘れないように。
でないとネチャネチャしたまま床や靴下が真っ黒になりますw

 

効果はあるのか?「ランナーフットパッチ」の威力とまとめ。

 

結論から言うと、効果あり!でした。

 

 

まず、足腰がとても軽くなりました。

ふくらはぎの浮腫んだ感とか、腰から下の重さっていうのがたった一晩貼って寝ただけなのに、軽くなりました。

 

ふだん足腰にかかってた負担をハーブが吸い取ってくれたようなイメージ。

 

。。。正直そんな期待してなかったんですけどね(笑)

 

これは思ったよりも好感触。

あの真っ黒いドロドロがスッキリ抜けるとこんなに身体って軽いんだよ。。。って言われたような感じです。

 

 

 

そして、ハーブのじんわり温める感は、冷え性や更年期障害の人には最高です(笑)

ここは個人的にものすごく強調したい!w

 

寝てる間に足の裏からじんわりと温めてくれるのは、起きた時に身体が生き返ったような感じすら覚えます。

 

冷えは万病の元。。。っていうけどね。

ほんと、温めることってこんなに楽になるもんなんだね。。。って思った。

温まるといっても熱いわけでもなく、じんわりぼんやり暖かいなぁ。。。ぐらいの絶妙さなのがまたきもちいい。

 

これはほんと、冷えや更年期障害でお悩みの方には絶大にオススメしたい。

 

 

あと。。。

その温める効果のせいなのか、おそろしく熟睡できます

 

いつも眠剤を途中で飲み足しながら寝るほどによく寝れない人なんですが。

これを貼った日は朝まで中途覚醒もなく、ぐっすり寝ました。

 

ぐっすり寝れるとやはり頭もスッキリするし、なにより眠剤でむりくり寝てるのと違うので目覚めがきもちいです。

 

そして身体も軽いので気分も軽く感じます。

 

だから、疲れが溜まって鬱っぽくなってるときにもいいかもしれないね。

 

 

 

そういえば、かつてバンコクでタイマッサージを教わったときにも言われたのですが。

足の裏って「排出」する場所なんだそうですよ。

身体の中を巡って悪い気が出ていく場所が足の裏。

 

つまり、「グラウンディング」と同じ仕組みですね。

 

そう考えると納得。

裸足で海につかったり、土に触れたときのリフレッシュ効果と同じようなことができるというわけだな。。。これ。

 

 

なるほど。。。伝統に裏付けられた生薬の効果。

 

海に行かなくても、マンション住まいでも手軽に貼るだけでリフレッシュ&安眠効果。
それになにより冷えの辛さも解消してくれる。

 

一週間働いて、週末に貼って寝てリフレッシュ!

。。。なんて使い方、いいかも。

 

 

ただし、タイ語の説明書きしかないのは、慣れない人にはビビるかもしれません。

正直そこはOTOPなので英語の説明書きぐらい併記してくれてもいいんじゃないかなぁ。。。とも思います。

 

あとは、剥がしたあとに足を洗わないとベタベタするのがめんどくさい点でしょうか。
この点、シャワーまで行くのがめんどくさい人は、枕元にウエットティッシュ置いといて、起きて剥がしたら拭く。。。っていうのでも十分だと思います。

 

 

個人的にはとても気に入ったので継続して使ってみようと思います。

冷えや更年期の方以外にもたとえば立ち仕事の多い方、意外と足腰に負担が来る整備関連のお仕事の方にもおすすめです。

 

気になった方は、こちらから是非。

ランナーフットパッチ(LannaFootPatch)

 

にふぇーでーびたん。

旅Tube,作りたいなぁ。。。とか。

まいどどーも。

自動車。。。飽きたので、旅だw

車作業の投稿にも飽きたっていうか。

 

そもそも車作業が飽きてしまったのでw

家でこないだのバックパック旅のYouTube作ってました。

 

なんとなく。。。バックパッキングで来てくださる外国の方向けを意識してみました。

 

このブログの「旅する惑星」シリーズのように気ままに足二本とお財布一個でふらつくような。。。そんな旅の提案をしてみたくて。

 

療養中。

実は今週は自宅療養中。

年だよねぇ。。。まったく。

 

よんまるの作業は一向に進んでいないので夏またぐんじゃないでしょうかww

 

ま、いっか。

 

最近夢中なもの。

アフリカーンス語に興味津々。

 

ちょっと前に南部アフリカの歴史動画見てたら、喋ってる言葉が英語とはだいぶ違ってそれが結構おどろきだったんだよね。

で、調べたらアフリカーンス語が公用語だって。。。

 

聴いた感じ、英語にドイツ語とかオランダ語混ぜたような感じだなぁ。。と。

 

面白いので今日は朝からかじりつきで見てますが、さっそくついていけてませんw

 

 

 

夢中になれるものが見つかってよかたです。

 

 

 

 

じゃ、またね。

カート・コバーンとか 「自死」について。

いきなり今日はずいぶんと重たい内容です。

 

カート・コバーンで引っかかって来られた方。
NIRVANAの話やカート・コバーン自身の話はほとんど出てきません。
すみません。

 

ただ、タイトルがいきなり自死についてじゃあ重いから。。。っていう理由と、個人的になんとなく印象的な最期を迎えた方だったので引用させていただいたまでです。

 

でもせっかくだからNIRVANA。

 

いきなり自死というテーマに触れるのも勇気がいるので。。。

NIRVANAについて。

ご存じない方はこちら

 

この曲なら知らない人でも一回ぐらいは聴いたことがあると思います。

英語何言ってっかわかんねー、でもかっくいー

ぐらいの気持ちで聞いて育った人も多いんじゃないでせうか。

 

。。。ぼくもそうでしたけど

 

多感な時期にこういう音楽に触れて、そして彼の死を知るっていうことは思いの外強烈なインパクトを人生に残します。

 

壮絶な、カート・コバーンの一生。

なぜかミュージシャンって壮絶な人生の人多いですよね。

彼に限らず。

不遇な子供時代とドラッグとメチャクチャな人間関係。。。

 

まぁそれがロックだぜ、っていう人もいるかも知れませんけど。

一般的と言われる、世の中の多くの人のもつ価値観からはとんでもなくずれてますよね。

 

カート・コバーン自身もそんな波乱な一生を激しい自己表現とともに走り抜けた人です。

突っ走った挙げ句に自ら鉄砲くわえて命をたってしまう。。。という結末は誰も真似できるものでもないし、受け入れがたいものではありますが。

でもだれもそんな生き方を非難することはできないよなぁ。。。とも思います。

結局、この人の最後の気持ちなんてこの人にしかわかりません。

たとえドラッグが誘発した結果だったとしても、そこに至るまでの気持ちはやっぱ本人しか知りえないことです。

 

だからそれに対しては否定も肯定もできないな。。。と思っています。

 

 

唯一できるのは、ただあるがままそれを現実として受け止める、ということでしょうか。

 

誰でも人は死ぬ。

 

人の死、というのはあまりに重いテーマなのでタブー視されがちですが

人間生きている以上一度は死にます。

それが病気であれ事故であれ、はたまた自然死であれ自死であれ。

誰もが通る道。

 

だからこそ、逆にもっと自死について真剣に色んな角度から考えてみることも必要なんじゃないか。。。。と思ったのでこんな記事を書いてる次第です。

 

「自死」は権利なのか罪なのか。

「自死」

いわゆる自ら命を立つことについては今日までいろんな議論がかわされています。

たとえば「安楽死」についての議論から一般的な自殺まで。

 

日本ではあまり実感ないかもしれませんが、キリスト教などの宗教的な感覚が人々の感覚にしみついている国などでは自死は罪(法的な物というよりも宗教的な意味において)であると考えられてることが多いです。

聖書的には自ら命を断てば地獄行きです。。。(それもひでぇ話ですが)

もちろん、それ以外にも残された人が悲しむなど、感情的な問題などから自死は「良くないもの」とされるのが一般的だと思います。

 

余談ですが

日本独特だなぁ。。。といつも思うのは「責任を取る」といって自死を選ばれる方がかつては多かった。。。ということです。

これは切腹とかそういう過去の風習に端を発するのかもしれません。

ただ、これに対してぼく的にはむしろ自分が死んじまったら責任取れねーんじゃねーのか?
。。。と思ったりもします。

まぁ、己の命を差し出すほどことを重大に捉えていますよ、っていう意味なのかもしれませんけどね。

責任を取るならむしろ生きて社会奉仕活動でもしたほうが意味があるんじゃないのかなぁ。。。と個人的には思います。

 

でもそれも本人のその時の気持ちにならないとわからないことですから、ジャッジはできないですね。

 

 

 

一方で

いわゆる安楽死など、自ら命を終わらせることを一つの「命の選択」とする考え方もあります。

 

人の尊厳とか、医療の役割とか。。。話が無限に広がるので今はこのテーマには触れないでおきますが。

これもとても難しい話で。。。一夜にして結論が出るものでもないですし、安易にここでその正否を論ずることもできない規模の話です。

 

やはり、人と死の問題は人生の不可避なテーマであるが故に簡単に答えは出ないのだと思います。

 

ただ、そういった議論はあらゆる人生の可能性を探る。。。という意味では有意義なことなんじゃないかと思います。

自死という選択を一方的に否定する、あるいは肯定する。。。というわけではなく、それ自体にきちんと目を向けて、様々な角度から冷静な議論を交わすという点において。

 

また

安楽死の問題も含め、自死の問題を議論する際に結局は「残る側の人」からみてどうなのか。。。っていうことは活発に語れても「去る側の人」の意見はなかなか語りえない、という問題もあるかと思います。

カート・コバーンではないですけど、実際にその立場になってみないと結局はわからないことですからね。

 

 

だからあえて今日こんなこと書いてる。。。てのもあるんだと思います。

 

 

。。。もうカート・コバーンもNIRVANAも関係ありませんが(笑)

 

自ら命を終わらせるという状況。

ここからはちょっとリアルで重い話なので、苦手な方は次の段落まですっとばすか、ここでページを閉じましょう。

 

ただ

こんだけ自死の話を偉そうに語ってるには理由があって。

 

 

ジャッジや議論する前に

 

「じゃあ自ら死を選ぶときの気持ちってなんなのか。。。。」

 

 

っていうことに一度フォーカスしてみる、ということを再度考えてみたかったからです。

 

 

 

まぁ正直に言うと、自分がかつてそういう選択を何度か選んだ事があるので書いてるわけです。

 

これは文字だけであーだこーだ言ってる話じゃなくて

自分のリアルな経験をもとに再度この「自死」ということについて考え直してみよう。。。という話なわけです。

 

 

細かくはかけませんが。

 

服薬で一回。

縊頸で一回。

 

いずれも死にかけたくせに、何故か生き返って今こうしてブログを書いています。。。

 

 

断っておきますが、こんな経験は決して自慢できることじゃないです。

自慢する気もありません。

そして無論、誰にも勧める気もありません。

 

 

 

ただ。。。唯一その時の気持ちだけはわかるつもりではいます。

 

 

 

悩み、考え抜いた挙げ句に最後にのこった選択が「死」しかないように思えた。。。

 

という状況は、生きている以上どんな人にも起こり得ることかもしれません。

 

たとえば問題が自分のキャパを超え、あまりにも大きく重くとうてい手に負えない。。。もう詰んだ。。。と感じたときなど。

強制終了してしまうしかない。。。と思う可能性もなくはないわけです。

 

 

生きるよりも死ぬほうが希望に見える時が人生に訪れないとは決して言い切れません。

。。。誰にでも。

 

だから

自分には関係ない!とか

そんなの、だらしないだけだ。。。とか思わずに、自分自身の問題として考えてみるというのも人生では大切なことかな。。。と思うわけです。

繰り返して言いますけど、決して自死を肯定するわけでも否定するわけでも、はたまた勧めているわけでもなければ自慢しているわけでもありません。

 

そう言うところを経験したからこそ、真面目に考えてみたいな。。。ということです。

 

結局、自死ってなんなのか。

自ら命を終えるという選択に対して、一方的にジャッジすることはできないな。。。というのが今の正直な気持ちです。

 

悩んだ挙げ句に導き出された選択ならば仕方ないのかな。。。といった諦めのような気持ちも正直あります。

 

 

センシティブな話をしているのを承知で書いていますが

 

物事って木みたいなもので

こちら側から見るのとあちら側から見るのでは見え方が全然違ったりするわけです。

 

自ら命の活動を終わりにする、という問題もこれと同じで。

肯定否定両方の意見があっていいのではないか。。。と今は思っています。

 

極論で一方的かもですが、死ぬ方の気持ちなんてその立場になってみなきゃわかんない訳です。

いくら周りが何を言ったって、一番しんどいのは死を選んだ本人です。

それしかもう扉がない。。。という状況にまで追い込まれてるわけですからね。

精神的なものにしても、肉体的なものや経済的なものにしても。

そういう状況、他人がやすやすと想像して同調できるなら自殺がこの世から無くなってるか、あるいは自殺があたりまえかのどちらかな世界になってるかだと思います。

 

それぐらい、わかっているようで人の気持ちはわからない。。。ということです。

 

 

 

実は親しい友人を自死で亡くしたこともあります。

 

そのときは、一体どんな思いでそこに至ったのだろう。。。とあれこれ思い巡らせてみましたが、残念ながら到底自分にはわかりませんでした。

なんとなくわかるな。。。ああ、そうだよね。。。

ぐらいには思えても、本人のその時の気持ちなんてどうやったって他人にはわからないものなんだなぁ。。。という無力感とともに泣きました。

 

結局。。。と言ってしまっては身もふたもないですが。

はたから見たらどうでもいいようなことだとしても、本人にとっては自らの存在の是非を問うまでの問題であったりもするわけです。

 

その、スイッチを押すか押さないかのギリギリのはざまを散々悩んで苦しんで自分でもがいて出た結論が、自ら終りを迎える。。。というのなら、一体周りはそれに対して常識や感情論、まして宗教規範などを持ち出してジャッジするというのは妥当なのか。。。。

自死の正否を問う前に一体自分にはどれだけその「自死を選ばざるを得なかった人」の気持ちに寄り添えるのか。。。

 

 

自分で何度か死のうとしといて言うのもなんですが。

 

とても考えてしまいます。

 

 

 

こうやって書くと、まるで自死を肯定しているかのように思われるかもしれませんが、そんな事は決してありません

 

繰り返しになりますが、ぼくはその正否に対しては今はなんとも言い切れないな。。。というのが正直なところです。

否定も肯定もできません。

 

 

いや、むしろ正しいか否か。。。という種類の議論ではないかもしれません。

だからこの問題についてはジャッジするのではなく、残る側の気持ちとともに、去る側もどうしてそう選択せざるを得なかったのか。。。を改めて考えてみるという作業をしてみたかったわけです。

 

 

 

人の死。。。というのはあまりに重くて辛いものなので、普段あまりフォーカスされることがないテーマでもあります。(一部、宗教的なものや慣習などから死にたいする抵抗があまりない世界もあります。。。。少数ではありますが)

 

それが「自死」ともなればなおのこと。

 

決して安易な気持ちで語れるテーマではありませんが。

人が死ぬ。。。ということは絶対避けては通れないことです。

 

だからこそ、一度ぐらい真剣に向き合うことも必要なテーマんじゃないかな。。。。と。

 

 

結局結論は出せないままですが。。。

 

カート・コバーンの気持ちもわかんなくないかなぁ。。。というところです。

 

アドラーではこんがらかってしまったぼくが、ちょっとヒントを貰った一冊。

 

アドラーも、何度か読んだらそれなりに人生を切り開くヒントにはなりうるかも。

 

ゴールデンウイーク真っ最中。さすらってみたり、YouTubeあげたり。

どうもまいど。

ゴールデンウイーク真っ最中昨今。みなさまいかがお過ごしでせうか。

 

 

とりまえず、さすらう。

一人で工場にいるのも最近飽きたので、数日間さすらってきました。

 

とりたててどこに向かうなどは決めずに、テキトーに。

ゴールデンウイーク前半は天気が悪かったせいかそんなに人でいっぱい。。。ってほどでもなかったです。

まぁ行く場所にもよるんでしょうけど。

 

 

やっぱり思いついた時にふらっと旅に出れるっていうのは、ぼくの人生にとっては大事です。

人って一つ所にこもっていると、いつしか世界が広かったことを忘れてしまったり、自分の知っていることだけで物事を判断しようとしてしまいがちなので。

時々無理矢理でも旅に出たり知らない場所を訪れるのはいい学びとリセットになります。

旅もいろんなスタイルがあるので。。。多くの人にいろんな旅の楽しさを伝えられたらいいなぁ。。。と思う今日この頃。

 

連休後半は、YouTube。

工場には帰らずに、久しぶりに自宅へ戻ってきて。

ずっとサボってたYouTubeに動画を上げました。

忘備録にとっていた写真をただ並べただけですが。。。

 

 

今思えばまぁよくもこんなことやったもんです。。。

我ながら感心しますw

 

シメはやっぱり。

時々食べたくなる、こうゆうもの。

逆に最近甘いケーキとかパフェとかを受け付けない体になってしまいましたw

塩っ辛いものと酒。。。というおっさんのような食生活ww

まぁ

それも肉体のあるうちだけの楽しみってことで。

 

ちなみにぼくは一人で静かにのんびり飲むのが好きなタイプです。

スムースジャズとかかけながら、歴史なんかの動画見ながら朝までさんぴん茶割り。。。そんなスタイルがリラックスできるのでいいんですw

 

連休後半、みなさまもステキな時間をお過ごしください。

 

 

 

にふぇーでーびたん。

 

新宿二丁目は学びが多くて楽しいぞ、っていうお話。

どうもまいど。

お久しぶりでござる。

こぶたやさんやいびーん。

 

最近、ハマってること。

ここ最近、自分がけっこう飲める口だというのに気づいた。

家。。。というか事務所で寝てるんだけど、毎晩なにかとちびちび飲んでいる。

夜はまだまだ寒いからあちこーこーのさんぴん茶割をちびちびいきながら、動画を見るのが楽しみになってる。

YouTubeなんだけど、ポルトガル革命の話からモザンビークの独立の話につながり、そっから南アフリカの歴史や植民地時代の話、イアンスミスとかローデシアの話に繋がり。。。っていう風になんかしらんけど南部のアフリカの歴史系にこないだまではハマってた。

いろんな世界のことが知れて動画は面白い。

一回南アも行きたいなぁ。。。と思うけどフライト時間が長すぎて腰椎痛めてる身としては辛い。
今じゃ3時間運転するのも辛いからな。。。

なんか自分の体の衰えが身に染みてわかる今日この頃w

 

 

ということで、最近ハマってるのはこれ

。。。今更だけどw

 

二丁目はたのしいぞ。

最近、関東に上がるたびに二丁目に行く。

 

新宿二丁目。

日本随一のゲイタウンというイメージのこの場所も、最近はいろんなお店があるみたい。

場所柄、お店はメンズオンリーとか、レディースオンリーとか、はたまただれでもOKとかいろいろあるんだけど。

ぼくが行くのはもっぱらビアンバーなので基本レディースオンリー。

別に何があるってわけでもなく、一人でふらっといって、カウンターでちびちびやりながら初めましての人やお店の人といろんな話をするのが面白い。

人と話をすると自分の知らない世界のことが知れるので楽しいのだ。

二丁目のお店は比較的 安く飲めるお店が多いせいか、若い子も多い。

若い世代の意見は切り口がストレートでとっても勉強になるのでこれも面白いなぁ。。。と思って行くようになった理由の一つ。

 

あとは、ぼくは一人で静かにまったり飲むのが好きな方なので、こじんまりしたお店で数人でのんびりのみながらゆんたく。。。というスタイルが心地よくて行くのかも知れないね。

 

おなべバー。

なんか二丁目話を引っ張るけど。

初めておなべバーに行ってみた。

 

モックさん

 

二丁目に行ったことないから行ってみたい! っていう知り合いの方のリクエストで行ったんだけど。

これがまた面白かった。

スタッフさんに沖縄の子がいて、沖縄のローカルスーパーやの食べ物話で盛り上がってたのもそうなんだけど(笑)

彼らの知見の広さっていうか、知識量の多さに正直びっくりさせられました。

だからそんな人たちとお話できてとっても自分の価値観とか世界が一晩にして広がったなぁ。。。と思わされてとてもいい時間を過ごせました。

 

やっぱいろんな人と接してるからなのか、ほんといろんなこと知っててそして大人。

小さな世界にこもってちゃもったいないなぁ。。。と思わされたし、自分が今どんだけ後退して自分から可能性を殺してしまっているか。。。ってことにも気づかされました。

 

まとめ。

なんだか今回は二丁目の話で長くなってしまったけど。

 

新宿二丁目っていうと、ゲイタウンだしあまり近づきにくいイメージもあるかもしれないけど。

最近は観光客の人やノンケ(同性に興味がない人)の人とかも多く飲みにきているのでそんなに敷居は高くはないと思う。

たしかに、一部会員制だったり、ドアを開けた瞬間にお断りされるようなとこもあるけど。(たとえばゲイオンリーのお店に女の人が行っちゃうとか、その逆とかね)

最近は知名度が上がってきたおかげで誰でも入れるお店も多いし。

観光の人向けにやってるお店もあるので、ノンケの人でもあまり抵抗なくいけるんじゃないかと思う。

ネットにHP持ってるお店もたくさんあるので調べてから行くのも手かもしれないね。

 

二丁目だからといって構えて行く必要もないし。

逆に、初めてなんですって言うと歓迎してくれたり、二丁目のこと教えてもらえたりするので初めてでも気張らずにいけるんじゃないかなぁ。。と思う。

個人的には、会社の飲み会で連れてかれたような街のスナックやお店よりもずっとフレンドリーで気軽に飲めるんじゃないかなぁって気もするし。

 

 

まぁ

そこはぼくが「ぼく」とか言ってるように自身がLGBTQなせいもあるんだろうけど。(お互い初見でわかるからw)
だとしてもみんな明るくフレンドリーな人が多いと思う。

 

そして、やっぱりいろいろな人生を経験したりみている人たちなので、そう言う人たちと話すのは自身の知古が広がるので楽しい。

 

護得久栄昇先生の歌で

「スナックは人生勉強なんだよ。だからそこで使うお金は授業料だね」

って言う語りの部分があったけど

ほんとそうだなぁ。。。と思わされる場所かもしんない。

 

いかに自分が普段狭い世界で天狗になっていたかを思い知らされる場所でもあるけど(笑)、それはそれで自分の学びだなぁ。。と思うし。

これからを生きるヒントになる話も聞けるチャンスだと思うので今後も行くんじゃないかと思う。

 

まぁ

単にいつも工場で篭って自動車ばっかいじってるから人と接する機会に飢えているだけ。。。ってのもあるかもしんないけど(笑)

それにしても、違う業界の人と沢山あって話すってののは大事。

ゆんたくは学びのチャンスです。

人生で一度は訪ねてみていい場所だと思います。

 

個人的には、地方在住のセクシュアルマイノリティの方には是非いってみてほしい場所かなと思います。

 

落ち着きます(笑)

 

普段自分たちと同じ世界の人に会えない人は特に。

 

一人で悩んでいる子がいたら、是非一度足を運んでみてほしい。

さすがに未成年の方にはオススメしませんが、お酒が飲めない方でも楽しめますし。

例えば今後の人生や自身のセクシュアリティについての悩みを持っているなら、先輩が沢山いるのでいろんなアドバイスをいただけることでしょう。

一人で抱えずにまずはゆんたく!

人生変わりますよ。

 

 

とういうことで。

セクマイにもそうでない人にも、全ての人にオススメな新宿二丁目は人生の学びの詰まった場所だったよ。。。って言うお話でした。

 

 

またやーさい。

 

いっぺーにふぇーでーびたん。

 

 

最近のあれこれ。

どうも。

 

ヨンマルミーティングイーストは6月の8,9だそうです。

 

間に合う気がしませんwww

 

こまったな。

腱鞘炎とかばね指とか。

鈑金制作のときに引き続き。

手が痛みだしました。

 

バリ島のダンスのようなかんじでそりくりかえって曲がらなかったのですが

無理して曲げてたらこんどは曲げるも伸ばすも言うこと効かなくなりましたw

毎日モーラスとテーピングでなんとかしてますが。。。
それだと根本的にはどうにもならないような。。。

休日初日。髪を切ってリフレッシュ。

なので、今週末はお休みを頂いておりまして。。。

まずは、いい加減伸びてきた髪を切りに行きました。

美容院で出してくれるレーコのコップが琉球グラスでうれしくなりました。

 

前回いったのが確か2月。

冬寒いんで、ちょっと伸ばしときます。。とか言ってたけど伸びるのやっぱ早いみたいで、もうなんかボブみたいな感じになってしまってまして。

これはこれでいいかなぁ。。とかも思うんですが。

実際工場で作業してると耳にかかるとか、頬に当たるとかがうざくてたまらないので、やはりここは前回同様、耳もくっきり表に出してベリーベリーショートに。。

ブリーチも4回目でほぼ色も抜けて気に入っているので、今回も懲りずにブリーチ。

実はこのスタイル、嫌いじゃないです。

完全にメンズスタイルなところも今のぼくにはちょっと嬉しいかな。

連休二日目は、朝まで飲む@新宿二丁目。

自宅にいたんですけど暇すぎて。

夜中に思いついて二丁目までタクシーかっ飛ばしていってきました。

 

ちょうど新歓の季節&週末ということもあって混んでましたねー。道も店も。

一人だし時間も遅いので、落ち着いた店でのんびりとのんでました。

 

 

長野って、そういう人いない。

だからたまにはこういうとこ来ると安心するんだ。

 

気が楽だよね。ホッとする。

 

そして二丁目って安いんだ。

朝までたっぷり飲んでも数千円。

 

普段田舎にこもって誰とも口を利かないぼくにはいい時間でした(笑)

やっぱ人(話の合う人ね)の中に出てかないとだめだな。。。

 

 

飲んだ痕の牛丼は格別&定番。

 

 

ヒプノセラピーに行く。

次の日はヒプノセラピーに行く。

これは数ヶ月前から継続しているもの。

 

 

自分の中で引っかかってるのも。

いろんな見たくないものをまた知ってしまったけど。

 

正直セラピーの当日&次の日はつらくて何も書きたくない。

いろいろ自分の中で蓋をしていたものが出てきたり、反動が起きたりするものなんだそうな。

逆に言ったら普段そんだけ無理してんのかな?
実感ないけどな。

 

今回は突然熱までだして寝込んだw

なので、予定では昨日から工場にこもる予定だったけど、今日まで休み。

 

たぶん体が休ませろってストライキ起こしたんだと思う。

手も痛いままだしなw

作業の模様

てことで

くだらないこと書いても仕方ないので、先週の作業の模様。

 

エンジンはきれいに洗う

 

交換できるものは交換して

多少は黒煙も減って環境にもやさしくなるかね?

わからんけど。

 

結局フライホイールはうちのインパクトでは動かず

中のオイルシールは替えられずじまい。

 

まぁいいや。