最大積載量は500kg。 【しぶろくさん再生日記】

どうもまいど。

ぐすよーおはこんばんちわ。

ねいさんやいびーん。

 

 

やたらと眠くて仕方ない本日。

もう明後日で年が変わるので(旧暦)エネルギーの変化に備えてるのかもしれません。

季節的にも旧暦正月〜啓蟄。。。ってエネルギーが切り替わるの続くのでね。

春眠暁を。。。っていうけど

そんな自然の流れの中で人も生きてるんだよ。。。っていうのを実感する季節ですな。

そういう意味では旧暦の方がやっぱり体にも気分にも全てにおいてしっくりくるなぁ。。。と個人的には感じます。

 

それについてはまた新月(春節)の時に記事にしましょうね。

 

 

なわけで、本日はしぶろくさん再生の最新記事。

ステッカーを、塗装で再現するという方法についてだお。

 

最大積載量シール。

貨物登録の車は必ず貼らなきゃいけない、あのシール。

昔はさ

なんかカッコ悪いんだよね。。。と思って剥がしても車検の時だけテープにマジックで書いて貼っておけばOKだったりもしたんだけど。

今は厳しくなって、ちゃんとしたシールでないとダメみたい。。。

 

ヨンマルの積載量。

基本、全車種4ナンバー小型貨物登録なよんまるさんシリーズ。

カタログやパーツリスト見ると、グレードや長さによって350kgとか400kgとかいろいろあるみたい。

たぶん。。。

短いの(41、42)は400kg積み。

ちゅっくらいの(44、46)のいいグレードが350kg積み。

うちのは萌える低グレードだから500kg積み。

トリムのあるなしで150kgも変わるんかいな。。。

当時のフォント。

実際、こういうシールは時代関係ないアイテムなので簡単に手に入る。

部品番号から純正部品でオーダーすることもできるし、市販品も無数にある。

陸運局でも買えるから、最悪車検の時に一緒に買うっていう手もあるしね。

んが。

当時のものと今入手できるものはフォントが全然違う。

どうでもいいことかもしんないけど、個人的にはこれがどうでもよくなくて。

気になって寝れないぐらいなので、作っちまいましたw

再現してみた。

こちら、元となる現物。

これをまずは写し取って、サイズもフォントもなるだけオリジナルに近いものをつくろう。

漢字の微妙なバランスといい、ゼロの形といい。。。今の時代には絶対無いこの質感。

これがどうしても残したかったのだよね。

あえての、シール感を。

塗装で描くなら本体に直接描けば。。。って思うけどね。

それだとシールみたいな「異物感」が出ない。

厚みが足りないというか。。。ボデーの延長の一部みたいになっちゃうと思ったから、今回は下地にアルミテープを使用。

上下の余白が微妙におかしい気もするけど。。。まぁいいか(笑)

 

あとは塗るだけ。

カタログ写真なんかも参考に、大体の位置を決めて貼る。

このままでもいい気がするけどな(笑)

貼ったら、周りをてーげーにマスキング。

あ。

アルミテープそのままだと食いつき悪いので

足付けや脱脂もきちんとします。

文字のキワとか細かいとこはめんどくさいけど、丁寧にゆっくりと。

黒く塗りつぶせ〜♪

とくりゃ

うちでは当然これだよなw

ちなみに昨日の事故で排気ファンが大破してるので。

直してもらえるまでブース使えないw

 

まぁ、今後はシャーシの作業だから急に使うこともないしいいけどね。

塗ったら、乾ききらないうちに剥がす。

乾ききらないうち、大事あるよ!

乾いちゃうと剥ぐの大変。。。ばりって逝っちゃうし。

このタイミングの見極めは。。。経験ですな(偉そうなこと言ってみたかったんだ。ごめんよw)

 

 

そしたら周りのマスキングもはがず。

剥がす時のコツは。。。外側にベリーって剥がすイメージでなく。

浅い角度で引きながら剥がすイメージ。。。というか。。。

そうするとエッジ部分も剥がれずにうまくいくはず。

剥がしながらの感触で、ちょっとやばいな。。と思ったらカッターで軽くなぞってからはがすとうまくいく。

 

完成♪&まとめ。

とりま違和感はなさそう。

 

 

ぱっと見、描いたとは思うまい(笑)

車検的にも問題はないし。

オリジナル派な人でも満足できると思う。

 

今の時代、カッティングやプリンターで作るっていう手もあるんだろうけど。

あいにくぼくはそういう技術と設備を持ち合わせていないのと

ぼくのMacに入ってるソフトにはどんだけ探してもこのフォントがなかったので、今回は手描きになった次第。

まぁ、もともと手描き看板の人だからそのほうが個人的には作りやすいし早いってのもあるんだけどね。

 

ただ

このままだとちょっとテカテカしてるので、一回完全にかたまったところでばフレックスなんかで軽く磨いてあげるとよりそれっぽくなるんじゃないかな。。。とおもう。

 

ないものを作るのは常に創意工夫。

そのプロセスが実は一番楽しいのだな。。。とぼくは思う。

 

よんまるだって出来上がった車を買う方が早いし安いけど。

たぶんこういうことをやりたくてやってんだろうね。。。

よんまるもそうだけど。

わざわざこういうものを買う人っていうのは、機能的価値よりも付加価値に重きをおくんだと思う。

だからこそ、そう行った細かい演出は大事かな、と。

 

 

そんなわけで今日使った道具たち

トレーシングペーパーは、オリジナルの文字を写し取るのに

 

マスキングテープ貼って、カッターで切り抜きます

 

 

にふぇーでーびたん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です